ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年8月27日金曜日

オシャレな文具店で買った生物の本2冊

また、特定の人にしか見ていただけない感じの記事のタイトルですが、鹿のマステやトイカメラも置いてあるオシャレな文具店で、それは買わずに、ゲットした生物の本です。


「もてる」。男でも女でも、もてることは、すごく重要です。死活問題と言っていいかもしれません。
いくつになっても、もてるようになりたい。もてる自分でいたい。
飛びついて買った1冊です。


こんな感じで、もてる方法がたくさん載っています。オシャレだったり、危険だったり。血が騒ぎます。


こういう本に、ぽ~んと1600円を支払ってしまうと、なんのために普段100円ショップなどで節制しているのか甲斐があったな、と思います。


続いて、学研の楽しい本です。こちらは、真面目な図鑑です。


ハンディながら、全264ページがフルカラーという贅沢なつくりです(そのため、大きさの割りに、ちょっと重いです)。
とにかく美しいイラストが満載で、日本で見られる昆虫、動物、鳥、植物などが、町、畑、田、雑木林、山、川、海辺などの見られる場所別、かつ四季の特徴も交え、楽しくわかりやすく紹介されています。


ページのレイアウトやデザインも素晴らしくて、紹介する生物の種類によって、ページ周りのファンシーなイラストが変わります。どれも味があって、そのままびんせんかノートにできてしまうぐらいに、可愛いです。


ページの部分にも、小さく入っているのが、ぬかりなく、たまらなく、オシャレです。
タイトルの文字(レタリング)も、レトロっぽい独特な味があるものを使っていて、ページの1枚1枚が、いちいち、レトロ・モダンなノートか、びんせんのようでもあり、色使いといい、本当にデザインとしてもオシャレで、その点でも勉強になります。(こういう手帳があったら、多少高くても、絶対に買うのに!)。


読んで、生物の知識も身について面白いし、眺めて、美しくて楽しい図鑑です。
とても気に入ったので、こちらは、もう1冊買って、徹底的に使う用と保存用にするつもりです。

(「もてる」本は、1冊を十分に使い倒したいです)。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村