ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年7月16日金曜日

一番優秀な接着テープはキッチン用品

ブログ「彩り文具☆サダフィール」さんのこちらの記事を拝見して、メンディング・テープについて考えてしまいました。

メンディング・テープ。
家にはありません。

「貼ると消えてみえる」とか、「貼った上から字が書ける」程度のイメージしかなくて、”だから?”と思ってしまいます。

その機能をどうやって活かしたらいいのか、わかりません。
あえて使うメリットが、思い浮かばないのです。

(水にはとても弱いし、いったん貼った後で剥がそうとすると、薄くて弱いテープが斜めに切れて剥がしづらくイライラする、などのネガティブなイメージがあって、むしろ敬遠してしまいます)

セロテープも、最近は、出番がありません。
貼ったら剥がせないですし、透明だけど悪目立ちする、メンディングと同じで水濡れ(濡れた手)に弱いところも不便だなと感じます。
フィルムの材質も頼りなく、とにかくしっかり張りたい場合はガムテープ、そうでない場合はホームセンターで売っている養生テープを使って、面で貼ります。(留める、という感じ)。


そんな我が家で、ここ数年、最も活躍しているのは、このキッチン用粘着テープです。

ニトムズ キッチン便利テープ

主婦はご存知でしょうが、文具売り場には絶対に置いていないので、文具好きの男性は、もしかしてご存じないかもしれません、が、ものすごく便利です。
一番オススメのマルチな粘着テープです。

・何度も貼ってはがせる。
・丈夫で、腰があり、多少の水濡れ(濡れた手)も平気。
・しっかりついて、きれいにはがせる。
・目立つオレンジ色で、貼ったところがわかりやすい。(隠れて見づらいことが逆に使いづらいメンディング・テープやセロテープとは逆)
・テープに書ける。


イクシーズのバインダーに入っていた大量のリーフも、ビニール袋に入れた後は、このテープでとめました。読みたくなったら、気兼ねなく出して戻して、が出来ます。

セロテープなどと違って、剥がすときに、貼られた側の薄いビニール袋が伸びず、ぱりっと剥がせ、またしっかり貼れます。

マスキング・テープでも、貼っても剥がせますが、テープ自体が紙素材で腰がないので、貼るのはいいけれど、剥がすのはちょっと苦労します。また、テープ自体もくちゃっとしてしまうので、貼って剥がすを何度も繰り返す作業には適していない気がします。

ですが、このテープは、もともとキッチン用品なので、調理途中の濡れた手で、ほうれん草の入った濡れたビニール袋でも、つかんでばしっととめて、冷蔵庫に放り込む、また翌日、取り出して、濡れた手で手早く袋を開けて、また、張り付いたテープでそのままとめる、なんて使い方が気兼ねなくできます。

冷蔵庫に、テープカッターごと磁石で付けられるようになっているので、セロテープのように、しまっている引き出しを引っ掻き回さなくても、自然に冷蔵庫に寄って、なんでもこの”貼ってはがせる”便利テープで留めるようになりました。(コツを掴めば、片手でテープカットして貼れます)

キッチン以外にも日常的に使用する文具品としても、十分素晴らしい出来だと思うので、是非、文具品化して、キッチンからリビングに、ペンケースの中にと進出してもらいたいものです。

(ずっとこれ一点のみの商品で、使いやすい丁度いいテープ幅や見やすいオレンジ色も好きですが、テープ幅の細いものや、他の色(蛍光色系)が出たら、嬉しいです。ニトムズ様)


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村