ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年7月2日金曜日

文具持ち歩き全体像 4


・uni-ball SIGNO


基本の金と銀。ラメが強いのに、下品でなく、さらさら書けるところが気に入っています。

と言っても、文字を書くのではなく、私の場合、カラーペンで塗った上から、装飾で線を引いたりマークを書いたり。さりげなく豪華で引き立ちます。


・TOMBO シワなしPIT S


スティックのりなら、これです。下手なメーカーのものは、貼った後でも、はがれてきたり、のりがぶよぶよと厚く、べたべたして、乾きが遅かったり、シワになったりしますが、これは大丈夫です。すぐによく貼り付いて、あとからはがれません。シワにも、なりにくいです。匂いも少ないです。


ただ、特性上、仕方ないのか(?)、塗りながら紙面に引っかかって塊がはがれます……。キャップをしていても、空気に触れる上面が乾いて粘着力にムラが出来るからでしょうか?


それを取り除くのが面倒なのと(塗った紙片をいったん手に持って、別のいらない紙に擦り付けたり)、ぽろっと欠けた塊分、なんだか損したようなせこい気持ちになります。


無色透明なので、塗ったところが良く見えず、しっかりはるために、ぐりぐり塗りすぎてしまうこともあるかもしれません。(塗ったところがブルーに見える「きえいろPIT」もあるけれど、私の場合、ノートに紙を貼るのでシワなしが優先です)。


比べたことはないけど、テープのりとスティックのりでは、どちらが沢山貼れるんでしょう? 

私は、スティックのりの場合、 テープのりに比べて、しっかり貼る為に、塗る面は大きいです。


 スティックのりの場合:四隅の辺全部と真ん中は大きく×印

 テープのりの場合:四隅の角と真ん中は小さく(上下に離して)=印


意外とすぐになくなるので、もしかしたら、スティックのりのほうが、コストが高いのかもしれませんね。


とはいえ、小さな紙片や輪郭の複雑な紙片を貼る場合には、テープのりではやりづらいので、スティックのりに紙片を直接乗せて、塗りつけて、貼るのが便利でいいので、全く使わなくなることはないと思うのですが。


何より長年使って慣れている分、スティックのりは、気軽で気楽に塗れる気がします。
テープのりが出てきたのはここ数年ですし。


この商品は、なぜか、100円ショップよりもイオンで安く、88円で売っています。
東急ハンズだと126円するので、ヘビーローテーションするからには値段に注意が必要です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
にほんブログ村