ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年7月11日日曜日

付箋と消しゴムも100円ショップで

付箋(? 貼れるメモ?)も、買って来ました。

この大きさと量で100円なんて、すごいです。
メモというより、ノート的使い方ができます。


100円ショップの付箋は、メーカー品に比べて粘着力が弱いけれど、何と言っても安いので、気軽に使えるところがいいです。

(蝶のハンコでスタンプ・インクの色見本を作ったとき、”1色ルーズリーフに押すごとに、この付箋メモにも押していったら、無骨さの中にもちょっぴり可愛い、オリジナルカラーの蝶のメモ付箋になったのに”と気がつきましたが、後の祭りでした^^;)


卓上で消しゴムをよく見失うので、蛍光色”まとまるくん”もゲットしました。

”まとまるくん”に出会って以来、消しゴムはずっと、”まとまるくん”です。消しゴム本体に柔軟性があって、強く消しても折れたり欠けたりせず、消しくずがほとんど出ないうえに、とてもよく消えるので気に入っています。

ごしごし消すので、ペンタイプや角が沢山ある消しゴムは不向きですが、細かな部分を消すことも、勿論あるので


ケースの両端を切って、最初から八つ角が使えるようにします。

大きな面も、細かな部分も、消せる大きさの消しゴムとしても丁度いい”小ささ”です。

(”まとまるくん”の文字が欠けるぐらいにカバーを小さく切るときは、マステでカバーをコーディネイトならぬ補強します)