ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年5月1日火曜日

映画「テルマエ・ロマエ」を見た(ねたバレなし)

名駅か、郊外にしか映画館がないため、29日、朝6時起きで、行って来ました。

(その為に、10時にセンパには、行けなかったのです(昨日の記事))。


行ってから満席だと悲しいので、確実に見るために、郊外の穴場と思われるレジャー施設の映画館で、朝8時~の部を鑑賞です。


廊下には、阿部ちゃんルシウスの等身大の立て看板が。

(しっかり、2ショットしてきました)。


じゃーん。

こちらが、パンフレットです。

古びたデザインがカッコよくて、中にはエピソードやコメントが一杯、いや満載で、すごく読み応えがありました。


裏です。

裏までオシャレです。


先着100万人にもらえる特別編冊子(阿部ちゃんが、ルシウスと出会う書き下ろしマンガつき)も、ゲットできました。

(書き下ろしマンガ、面白かったです!)


裏です。

なんとなく、日の丸。

まあ、100万人にもらえる、ということは、全員にもらえると思って間違いなかったでしょう。

=====

ただ!

私は映画のねたバレはしませんが、パンフレットを読むと、時代の説明としての史実が書いてあるため、それが現在進行中の原作マンガのねたバレになっていて、め~~~っちゃ、哀しかったです(涙)(涙)。

私は、史実をベースとした作品でも、なるべくオリジナルとして楽しむために、あえて、少なくとも完結するまでは、史実(事実)関係を避けるようにしているのですが……(涙)。

以前にも、連載中だった長編マンガの舞台の海外旅行先で、「こちらを作った王様は、××(人名)に暗殺されました」とガイドに、あっさり、ねたバレをされて、そっと(ひどく)恨んだ事がありました。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  100%オリジナルの作品でも、”エエーッ”な展開は幾らでもあると自分を慰めてみる