ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年9月9日木曜日

A4の2穴ファイルUNOをA5にカットして使う

カフェ併設のオシャレな雑貨屋さんで、ちょっと変わった輸入物の2穴ファイルを見つけました。輸入物といっても、200円です。


新品ですが、「1987年西ドイツ・プラスチック協会プロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞」とか、やたら古いことが製品情報のトップに書いてあります。

西ドイツ! 今の若い人は東西ドイツの時代を知らないでしょうが、80年代は(以下昔話につき略)


さて、この冷戦時代に考案された、スパイも使ったかもしれない(笑)、(西)ドイツ製のファイルUNOを、A5サイズにカットして、サイズダウンしました。

カッターだと、カットしているうちにラインから外れたり、厚み分がしっかり切れなかったりするので、大きさを見ながら、鉛筆で線を引き、はさみで丁寧に切りました。


綴じる部分は、こんな感じです。金具は使っていません。


2穴パンチで開けた穴に、ベルトを通して


左の穴に、くぐらせるだけ。単純です。


けれど、本のように開いてページがめくれるのは便利です。金具も背中もないので、軽くて薄く、それでいて、PP製の表紙でしっかりサポートされているのがいいです。

持ち歩いて書いているA5のルーズリーフも、2穴のファイルに保存しているので、そこに一緒に綴じるまでの間、プリントアウトした一緒に綴じたいものは、クリアホルダーなどにしまいこんで保管していました。ですが、参考に取り出すとばらばらになり、クリップで留めれば読み返しづらく、綴じ具の部分で折り返せばクセもつくし、で、なかなか持て余していました。

けれど、このファイルでは、ノートのように開いて見返しながら、書き込んだり、付箋を貼ったりも出来ます。バインダーノートと平行して参考にするのが容易なので、すごくいいです。

(偶然ですが、ページ押さえ(笑)に使ったのはロータスのオリジナル・カラメルビスケット(ベルギー製)、ヨーロッパの機内でよく配られるおやつです。クリームチーズが欲しくなりました)。


そのお店には、とってもキレイなドイツ製のレースペーパーも、置いてあったので、一緒にゲットしました。何に使おうかな。楽しみです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村