ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年11月25日日曜日

【ジョジョねた?】ジョジョスマホにストラップを付ける

”それが、何なの?”と、言われそうですが、ジョジョスマホには、ストラップをつける箇所がないのです。

まるで、風呂の蓋のように、あると邪魔だけど、ないと困るのが、ストラップ。

いつも、バッグから本体を取り出すのに、ストラップで探れず、本体を掴まなければならないのは、意外と不便です。



という訳で、買ってきた保護ケースに、マステでタッチペン・ホルダーを作り、そこに「ジョジョ展」でゲットした「超像イギー」を、無理やりつけていました。

が、固定されていないので、ぐらぐらして、あまり、というか全然、役に立たないのでした。


さて、どうするべきか、と困っていたところ、これまた100円ショップ(またセリア)で、こんなナイスなアイテムを見つけました。

イヤホン・ジャックに刺すタイプの、ミニ・タッチペンです。


という訳で、デフォルトのタッチペン(さりげなく、”荒木飛呂彦”のサイン入り)を、外しました。(丁重に、購入時の承太郎の箱に、戻しました)。

(私は、爪や指で操作しているので、実はタッチペンを、不要に思っていました。そもそも、ジョジョスマホ(L-06D)が、普通のスマホより、横に幅のある本体なので、そこへさらにタッチペンを横付けにすると、バッグの内側のポケットには納まらない幅になるのも、難点でした)。


取り外して、購入時状態に戻した、保護ケース。

ウウッ……(涙)。

本当、これしか、選択肢がないです、「L-06D JOJO」の保護ケース。(ケースに傷がついていないのは、立派ですが)。(ケース・デザインの多彩なiPhoneが、うらやましい……)。

ジョジョスマホの場合、裏に、徐倫のラフ画があり、それを隠したくないので、必然的に透けるタイプの保護ケースになっちゃうんですけど。

(でも、たまには、他のデザインに着替えたい、と思ったりもするわけで)。

とか、とか、とか~)。(くどい)。

(そうだ、ケースを、マステでデコればいいんだ!)


ともあれ、イヤホン・ジャックに、こちらを差し込み、(わくわく)。

(きっちり、しっかり、はまって、簡単に抜けないところが、素晴らしいです)。


「超像イギー」を、くぐらせて結び付けました。



じゃ~~~~~ん!

こんな感じです。

(おおっと、初期ラベルをはがしていないので、どのみち、徐倫は、よく見えませんが)。


でも、待ちキャラが、イギーなので、「SBR」が好きでも、イギーをストラップにしたいのです。

(↑自分でアップした、メール着信時の「待ちキャラ・イギー」の反応・アクションです)。


しかーし!

こんだけ、デコラティブだと、逆にかさばるうえ、1体しかない大事な超像イギーに、すでにして”微かな擦れ”が出てきました。これで、パーツが欠けでもしたら、一大事どころか大惨事です。

「超像イギー」は実用に向かない、とわかりました。

そこで、急遽、ネットで、


じゃ~~~ん!

ぺったんこイギーを、ゲットですッ!


カン付きなので、そのまま、ミニ・タッチペンに付けるだけ~。

おお、すごく、いい感じです。

というか、完璧なのでは~~~~~っ!!!(興奮)


ホーム画面は、相変わらず「SBR」のディオが、ドギアァンッじゃない、ウリイィァアッと、中央です。(アイコンさえ、かからないよう、細心の注意を払っています(笑))。

「SBR」だけれど、「待ちキャラ・イギー」が、トコトコ歩き回っていたり、アクションを披露したり、電話やメールの着信を伝えてくれます。

ああ、ひっくるめての、「ジョジョの世界」……ッ!(感激ィ!)


とはいえ、折角のジョジョスマホなのに、ジョジョの「待ちキャラ」が、イギーしかいないところが残念です。(スタンドを出す、玉乗りをして目を回すなど、いろんな愛らしいアクションがありますが)、(これはガッツポーズ?か、アッカンベーをしているところ↑)。

「待ちキャラ」(選択)画面(↑)にすると、歩き回るイギーのアクションは変わりませんが、背景は、砂漠に、墜落したヘリコプター、のめり込んだ車、水のこぼれた水筒、と、3部のワンシーンなので、

デジコミで購入した、3部の、


承太郎(スター・プラチナ)が、無関係を装い逃げようとしたイギーを引っ掴んで、敵のンドゥールに向かって、剛速球さながらに投げつける、”その場面”(↑)が、浮かびます。

絶体絶命のシーンのはずなのに、大爆笑(イギーには大迷惑)なところが、むっちゃお気に入りです。

やっぱり、承太郎(というか荒木先生)は、最ッ高です!

ブログランキング・にほんブログ村へ  フルカラーだと、もっと大きな画面で見たくなるッ!!! 危険だッ!! すごく……ッ!!(ゴゴ、ゴゴ、ゴゴ……)。

+++++

あ、J1リーグですが、昨日「オカシャチ」は「アカトナカイ」に負けて、「ムラサキグマ」が優勝しました(涙)。