ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年11月16日金曜日

日本、「ブラジルW杯」出場へ王手!

日本、アウェイで、カタールに、劇的勝利しました。

「アウェイなので、引き分けで御の字」と思っていましたが、勝ちきるとは、流石です。文句のつけようがありません。

岡ちゃんからザックへ、代表の真の部分がぶれずに受け継がれ、発展しているような気がします。岡ちゃんの功労も、素晴らしいです。

しぶとく勝つたびに、いつも、「よくぞ、ザックを選んだ!」と、理想主義で欧州サッカーオタクのヒロミ(原博実・技術委員長。だっけ?今)、(愛するあまりの呼び捨てです)、の選択眼にも、感服します。

今回は、「中東の笛(中東の試合で、審判(第3国の人)が中東の人だと、中東の国をあからさまに贔屓するジャッジをする)」も、あまりなかった気がします。

「ふざけた○○ですねぇ!(怒)」という、解説の松木さんの新名言を、心中わくわくしながら待っていたのですが(笑)。(私だけでは、ないはず)。

本当に、「組分けに恵まれていた」というか……(最近、W杯に出たことのあるような強豪国は、他組へ流れた運。組み分けを見ただけで、日本とオーストラリアで決まりかな、とわかります)、まあ、それも「実力の内」ですが。


左サイド・酒井高選手からのクロスに、遠藤選手が中央、トリッキーなアウトサイドで合わせて、岡崎選手が滑り込む決勝弾には、感服しました。

酒井選手が勝負を仕掛けた勇気、遠藤選手のポジショニングのよさと技術、岡崎選手の飛び込みと決定力、すべてにおいて素晴らしかったです。これらが、本番の舞台で発揮できるとは、積み重ねなんてものじゃいいようがない素晴らしさです。

特に、ガチャさん(遠藤選手のこと。(ガチャピンに似ているから)、(昔はもっと似ていたんです))は、先週のリーグ戦で、顔下を9針縫ったというのに、それほどの怪我を負ったとは思わせない動きが、すごいじゃないかな。(←この人、いなかったですね)。(←アウェイには、もう、ずっと行かないじゃないかな?)。

(まあ、顔や手の怪我は、GK以外はあまり、心配いらないですけど)。

(それより、ガンバが降格したら、どーするんだろう、ガチャさん……)。(是非、ウチに!)


というか、「え? これでもう、W杯、出られちゃうの? ブラジル、行けちゃうの?」というのが、なんだか、拍子抜けです。

20年前は、あんなに堅かったW杯の扉が、「あまりに重く、分厚く、厳重だったW杯の扉」が、今は、西部劇に出て来る酒場の扉のように、軽く感じます。

強くなったものです。

「W杯は出て当たり前。そのうえで、グループ・リーグは突破して当たり前」、の時代に突入なんですね。

ずっと、20年以上、見続けていたので、感慨深いです。


(↑名駅で見つけたアヤシイ広告)

いまや、主流の構成選手は、海外の1~2流クラブで活躍が当たり前の時代(不遇のC(キャプテン)長谷部選手を除く)。(ウチの麻也が、プレミアに!(歓喜))

”ナナミ(呼びかけ)、本田選手は、消えてたじゃないかな”。

ああ、ホンディ(本田選手のこと。グランパス時代の愛称)が、試合中に消えたり、運動量がないのは、デフォルトです。ごめんなさい。

この夏の市場では、得意の”エア移籍”(海外の他クラブが身分を照会、オファーを打診、などの噂)さえも、出なくなっちゃったし。

でも、捲土重来、期待しているよ、ホンディ!(言われるまでもないよな)。


試合の前日に、名駅に行き、いつもの無愛想で感じの悪い金券ショップ(笑)を覗いたところ、こんな貴重な記念切手を見つけ、大喜びでゲットしました。貴重すぎて、使えません。

私が生きている間に、もしかしたら、ニッポンがジュール・リメ・カップを掲げる雄姿が、見られるかも……。なんて(笑)。

なでしこだって、成し遂げたんだし、十分、あるかもしれません!?


最後に、病気で7日に入院した岡野元協会会長・現最高顧問の回復を、お祈り申し上げます。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  ウィアー、ゴ・ーイング×3、皆で行こう、ブラジルへ♪(その歌、古いよ)