ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年11月14日水曜日

赤ザリガニ、脱走

カードケースをミニ水槽にして、カエルのケースの脇で、育てている赤・青ザリガニですが、ハサミから尻尾まで、6cm程度の大きさに成長しました。






おっとりした青に比べて、餌は威嚇して出させるという赤。

ザリガニ界にもヤンキーはいるのかと、思わせる赤。

赤は攻撃色だと思い出させる赤。

その赤が、

脱走しました。

朝、見たら、青しかおらず、赤のケースはからっぽでした。


確かに、ここまで成長しているのに、カードケースの縁(へり)は低いので、逃げようとすれば逃げられる状態だったのです。

カエルのことばかり、気をつけていたので、失態でした。

折角、5ヶ月飼って、ここまで、大きくなったのに。


水生生物なので、脱走=死です。

オトナのカエルの死因も、まずは脱走です。

私が夏バテで、頭がぼんやりしているときに、蓋を開けっ放しにしていたことが何度かあり、その間、3匹が逃げ、死なせてしまうことがありました。(”モリアオ兄弟”の弟も、そうでした)。

脱走したら、まず、捕まえられません。

そして、水がないと生きられないので、逃げたら必ず死にます。


ザリガニの棚のななめ下に、ヒキさんのオープンなケースがあります。


(お風呂に浸かって、ゴキゲンなヒキさん)。(鼻歌が聞こえそうです)。

ヒキさんには、いつも、ザリガニの脱皮した殻を食べてもらっています。

日に何度も、あちこち物をどけては、探したのですが、見つかりません。

赤ザリガニは、もしかして……。

何度も疑惑の目を、”彼女”に向けてしまう私……。


夜、ぼんやりとカエルを眺めていると、どこからか、カサカサという微かな物音がします。


もしかして、と、その音を頼りに、隣の部屋へ行くと、衣装ケースの隙間に、


いました!

ビニール袋にハマって、もがいていました!


もおぉ~~~っ、オマエって奴はー!

エビだったら、即、剥いて食べてやるところだよ~、もう!(怒)。

……生きていて良かったです。


とりあえず、元のケースに戻しましたが、すぐに


乗り越えられない深さのあるケースに、移し変えました。


青ザリガニも、です。

ハァ。

いい教訓になりました。

ヒキさんに言葉が通じなくて良かったです。

疑ってごめんね、ヒキさん。

+++++

【さらに新種のカエル?】


ビレバン・ガエルです。

何かの種が落ちて、何かの芽が出ています(笑)。

なぜ、こんなミニ水槽があるのかというと、下部に注目。


夏に地元の川で取ったエビが、ちびのまま、このコだけ、酷暑を越え、生き残っているからです。

ザリさんのところに入れたら、食べられちゃう?小ささなので、このコだけ、ピンでの飼育です。


我ながら色々飼っていますねぇ、ふと気がつくと。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ 赤はwe areだと(略)(Jサポねた)

+++++

餌やりに見ると、熱帯魚に元気がない(じっと沈んで姿が見えない)ので、水槽を触ってみると、冷たい! ヒーターを引っ張り出して触ってみると、熱くない。なんと、ヒーターが壊れていました!(号泣)。一大事です!

こういうときに限って、近所の熱帯魚店も定休日で、体調も悪く、運転はできない状態……orz

水槽関係の備品の箱をあさって、何とか50Wのヒーターを発見! しかし50Wでは、60cm水槽にはパワー不足で、そもそもちゃんと作動するのか、祈るように投じてみましたが、のちほど確認したところ、50Wでも水温は26度に回復していました……(感涙)。よかったです……(涙)(涙)。

必需備品のバックアップ(この場合はヒーター)の重要性を、あらためて思い知りました。

1本が壊れた場合に備えて、あえて2本を投じるという方法が、安全と知っていましたが……(予算と電気代が…))。(これが冬だったら、一晩で、魚は全滅するところでした)。(新しいヒーターは、とりあえず、アマゾンで注文したので、明日到着する予定です)。

冬に停電して、暖房が切れて室温が下がっても、カエルは死にませんが(そのまま冬眠しちゃうかもしれませんが)、冬は熱帯魚が要注意と、あらためて思い知りました。(って、何年、飼っているんだ~)。(一応、小学生の頃からです……(超小声))。

(というか、本当は夏も大注意なんだけど、夏の水温30度越えは、もう、魚の体力次第で、手は打っていません(電灯は、最初からつけていないし))。(なので、落ちても惜しくない廉価魚しか、飼えません)。(というか、そういう魚のほうが丈夫だし)。

(そもそも、夏は、魚よりも自分が、くたばるので、カエルで手一杯です)。

(自分のほうが、落ちそう……)。