ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2011年5月30日月曜日

「京都」のフォルムカードと風景印の押印体験

そんな訳で、京都のフォルムカード3種をゲットしました。


「蛇の目傘」に「京都タワー」と、「舞妓さん」です。


ついでに、局名が入ったポスト型と、おまけのミニカードです。


例のごとく、自分宛には宛名のみ書いて、風景印を押してもらい……いや、押しました。

* * * * *

これまで、風景印を窓口で頼むと返ってきた答えはこんな感じでした。

①「なんですか、それ」 → 存在を知らない
②「ウチにはないです」 → 存在がない
③「押しておきます」 → 押収され、本当に押されるのか一抹の不安
④「押します」 → 目の前で、押してくれる。でも、印面を見せてはくれない。後ろへポイ。
⑤「押しました」 → 目の前で押して、頼んで見せてもらう。
⑥「押しました」 → 目の前で押して、頼まずとも見せてくれる。

最低でも⑤か⑥は必須だな、とを想定していたところ、

「風景印ね~」待っていました、とばかりの局員さんの様子に、⑥はいけそうと確信。スタンプ本体とインクパッドと試し押しの紙を持ってきて、目の前で試し押しをしてみせてくれて
「こんな感じね。この銀のポッチが上だから」「どうぞ」

……えっ?

私が押すんですか?(゚д゚)

「そうですよ、どうぞ」

い、いいんですか?(業務上なんちゃらとか、ないのかな)と、思いつつ、いいというんだからいいんだろう(もう民間企業なんだし)、というか早くしなければ次のお客さんが、などと焦りながらも、試し押しをして、最初に自分のハガキに押してみました。


む、微妙に曲がっています。印面は綺麗だけど。というか、どうして、いつも舞妓さんは後姿なんでしょう?いやいや、後にお客さんが……。

早く綺麗に、今度は曲がらないように、まっすぐ押さなければ、と、焦りつつも、2枚目に、えざきちさん宛の「京都タワー」、気をつけたつもりなのに、また曲がっている。3枚目に、お世話になった方へ「舞妓さん」、今度は逆に左曲がりに~! 難しい!

20回ぐらい練習(試し押し)してから押せばよかったのかもしれないけど、後ろにお客(略)。

「はい。じゃ、出しておきますね」

風景印をまっすぐ押すことの難しさを痛感し、一抹の敗北感と共に、全局員さんへのリスペクトを抱きました。いつも押していただいて、ありがとうございます。上手く押せているのが当然と思って驕っていて、すみませんでした。

ビバ、京都!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  リベンジ?ないです
にほんブログ村