ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2011年5月29日日曜日

京都「イノブン」特製のツバメノート

流行の可愛い服飾やアクセ、キッチン用品からステーショナリー、バス用品からガーデニング、その他インテリア・家具まで、なんでもござれの京都の”私的”無敵雑貨店・イノブンが、元々は1814年創業の紙問屋さんとは知りませんでした。


こちらは、今回の旅の、一番の素敵な戦利品です。


ドイツ製の金のクリップです。

クリップは、私の場合、形ではなく色で判別するうえ、上品なゴールドは珍しく、重宝しそうです。


そしてそして、「INOBUN NOTE BOOK」!

こんな特製商品が、あったとは~!(感涙)

超~~~可愛いです!!


ピンク(マゼンタ)で印刷された繊細な特製表紙! 

ウサギに鳥に、INOBUNの文字まで、文様になっています。


下部です。イノブンの「I」を基調とした紋章が、さりげなく効いています。

枠は、さらに、ハート、冠、リボン、蔓、鳥、鍵穴と、表紙の色がピンクになるだけで、こんなにも愛らしさ爆裂です。

ツバメ中性紙フールスとあり、れっきとしたツバメノートです。

イノブン版ではないツバメの同型も、並べて置かれていました。(そちらの表紙は、こんな感じです)。

いずれにせよ、スクエア型というのも珍しいです。

60枚120P(30枚が2冊綴じ合わさっています)。十分で丁度いい厚さです。

大きさは、縦横15.8mmです。A5の横幅14.8mmより、10mm大きいです。


中は、5ミリ方眼です。絵や図も、自由に書けます。縦書きも、OKです。

これは、ぜひ、丁寧に扱うので、日常使いにしたいです。なるべくきれいな字を書くように努力し、”ノートのお姫様”扱いをするので、ぜひ日常でお願いしたい……!

い、いや、やっぱり勿体無くて、使えない! 葛藤します。

525円(安い!)だったので、もっとあったら買いたかったけれど、このときは1冊きりでした。残念。(聞けば、在庫はあったのかもしれませんが)。

やっぱり、保管して、綺麗なまま、時々取り出して眺めることにします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  結局、LIFEが命
にほんブログ村