ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年9月1日土曜日

ウチのカエルたち(ペット)38

種類と数が増えたので、全種をご紹介します。

=====

  その1.リュウキュウカジカガエル


マダムです。

リュウキュウは元々敏感で俊敏、臆病で隠れたがりやですが、生存や食餌を確認し,”点呼”をしないと心配です。

少し痩せた気もするけど、ちゃんと”緑がかっている”ので、調子はよさそうです。

=====

その前に。

その0.高原で捕まえたおたまから、上がったばかりのベビーたち。


モリアオガエル。


透け透け~。


アマガエル。

(こちらは、チビでもしっかり緑とアイライン)。

む~~~っちゃ小さいので、エサはペットボトルのキャップに、黒蜜をしみこませたティッシュをいれ、屋外に置き、蟻にたからせて、それを与えています。

ベビー・アマガエルは、5匹もいないかも。

あとの30匹ぐらい(!)は、全部モリアオだと思います(多分……)。

(あ、でも、いきつけのショップに話したところ、「いつでも、いくらでも引き取る」と言ってくれているので、引き渡しても良いと思えるようになるまで、自分で育てるつもりです)。

=====

その2.モリアオガエル(?)


コテージで、初日に捕まえた兄弟。

すでにかなり大きいです。(↓3週間前)。(↑3週間後)。


おたまの背中に、モリアオの特徴の斑点があったので、間違いないはずですが、自信がないです。目は赤くないし……(赤くならないコもいるらしいし、斑点が出ない子もいるらしいし)。

まだコドモなので、余計、自信がないです。(元気に大きく育ってくれれば、それでいいです)。

=====

その3、シュレーゲルアオガエル(?)

さんです。かなり大きくなりました。

が、相変わらず、ナントカ細胞が欠損しているので、体色はエメラルドグリーンで、ちゃんとした緑色(↑のコみたい)にはなりません。


2,5cmぐらいになった今でも、体が少し透けます。



横っ腹に、斑点が出るようになりました。(メスだから?)。(勿論、手加減して掴んでいます)。


”モリアオ”兄弟を同じケースに入れていますが、の色はともかく、顔かたち、肌の質感等、同じ種類に見えるんですが……。

よくわかりません!(><;)。

(水かきが短いから、両方ともシュレーゲルかも……?)

とりあえず、両者とも、アオガエルです。感染注意・涙)

=====

その4.トノサマガエル


高原で、自分で捕まえたコドモです。

=====

その5.ヤマ(?)アカガエル(多分)


このコも、少し体が透けている珍しいコで、6月ぐらいにネットで買いました。

オス・メスは不明ですが、4.5cmはあるので、コテージでゲットした成熟した野生のメスと、恐る恐る合わせてみたところ、仲良く同居しているので、オス?かも。(でも、鳴いたのを聞いたことはないです)。


仲良くひとつの石に乗ったり。

アカ(ガエル)さんたちの、食欲はすごいです。

入れた瞬間、食っています。

他のケースでは、ウロウロいつまでも残っているやつがいるのですが、こちらは出された餌は、残さずペロリです。

それだけ、餌の捕獲が上手いというのもあります。多分、ウチのカエルの中ではNO.1です。


野生のメスちゃん。

えーと、ミニ観葉は、乗り物ではありません。(潰れそう……。ヤメテ~)。


かと思ったら、プール(水入れ)にドボン。

気ままで、はっちゃけています。


ヒキさんとは違うけど、似ているところもあるメスの野生児。

シャープな横顔が、かっこいいです!

跳躍力は強いですが、それほど神経質でもなく、わりとすぐ慣れました。

8cmもあって大きいので、運動させてあげたくて、ヒキさんと同じ、60センチ水槽を買ってきて移そうかもと考えています。(ホームセンターだと、1200円ぐらいで買えるし)。

【おまけ】


ほらー。今まで乗ったことがなかったのに、もう1匹も真似して乗るようになったしー。

=====

その6.アマガエル

全員元気で、飼育1年を過ぎました。おめでとう~♪

コテージ以来、全員一緒でも問題なく、掃除も1回で済むので、カエルの種類と数も増えたことだし、ひとケースのままです。


真っ黒カエル、出現。

顔を見ると……どうやら、イギリスですね。


これ、みどりかな~と思って出してみたけど、違う気がします。

(目の下のピカッとする部分が、鼻まで繋がっているので。みどりは、鼻先黒くなっていたし)。


という訳で、こっちがみどり


何、このラブリー・ポーズは!(胸ズキュ)

それがカエルのすることか~~~!!!(はぁと∞)

という訳で、このコがみどりと確信!(鼻息)

(こんな愛嬌があるコは、みどりだけ(笑))。


目の下のアイシャドウが独立して緑銀色に光っていて、夏なので顔(鼻先)が黒いのと、全体としてなだらかな体型、最近、大柄5人衆(?)に入るほど、大きくなって、臆することなく行動できているので、みどりで正解でしょう。

=====

あとは、その7.ヒキさんがいます。

「ん? あと、2種類、いなかったっけ?」と、お気づきの方、

実は、残念なことになりました。

そして、いまだ、闘病中です。

=====

【推測される感染経路】

カジカガエル・ワイルド(感染源) 

  → 6月に来た時から、様子が変だった。
   うち2匹には、赤いイボや体のむくみ、出血が見られた。
   獣医に診せて薬を施す。
   が、ぽつりぽつりと死んでいき、8月下旬、8匹全滅。
   (悲しい。カジカは当分、飼いません)。

 ↓(道具の使い回しによる?)  

リュウキュウカジカガエル 

 → 9匹中、4匹死ぬ。
   うち2匹が、同病気によるもの(同じ死に方)。
   これといった目に見える症状は、ノーマルなカジカ同様、
   見られない、が、ノーマルに見えたカジカ同様、
   突然、悶死する(涙)。
   現在は、マダムとオス・コドモの5匹。

 ↓(同じ部屋にしていた) 

ヤエアマアオガエル 

 → 3匹全員に感染し、闘病中。(その.8
   現在1匹ずつに、隔離して様子見。
   コテージにいた最終日ぐらいに、額に赤い傷ができて、
   以来、2週間以上、治っていない。
   獣医へ行き、薬を施す。
                

写真では、たいしたことない感じですが、額の血がにじんだような傷のようなものが、なかなか治りません。

カジカを含む、アオガエルにのみ、感染しています。
               
=====

ヤエヤマは、カジカ同様、獣医で病気部分の表層細胞を取って検査をしてもらい、処方された水薬を施していますが、劇的な改善はみられません。

一度感染した以上、免疫がないものは?完治しないのかもしれず、見守るしかないです。

先ほど、とても久しぶりに、リュウキュウカジカのオスが、笛を吹くようなきれいな声で、長く鳴きました。”彼女”を誘う短い鳴き方もしました。

感染はしていても、できるだけ体調がよい状態で、長く生きてくれることを願うばかりです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  私はひどい夏バテですが、8月にたまたま受けた内科の検査は全て「異常なし」なので、本当にタダのきっつー~い夏バテです。(体が悪くないのは知っていたけど(笑))。(自律神経系が弱いのですorz)。