ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年9月28日金曜日

2012「エイジア」来日公演inZepp名古屋

■ライブの興奮冷めやらず、
■今夜、これで眠っちゃうのが勿体無いので、
■ とりあえず、書きます。
■後ほど、セットリストなど詳細を加えますので、ご了承ください。


ツインタワーにミッドランド・スクエアなどを望む、名駅から歩くとちょっと遠く感じる笹島の、JRが売った再開発地域に、あります。


じゃーん!

ライブ・ハウス「Zepp名古屋」です。

割と最近(数年前に)、出来ました。

今回の来日公演で、ホールじゃなくて、ライブハウスなのは名古屋だけだと思います。

まさか、私が、「Zepp」でライブを聴くことになるとは~……。


施設も新しくて、ドキドキです。(初めてです)。

なんといっても、音響が良かったです。(当たり前か)。

アーチストとの距離も近くて、25列目ぐらいだったけど、顔やプレイがはっきり見えたのも、最高でした。(特に、カールの神ドラム!)

ジョンも一杯、日本語で呼びかけてくれました。

いつも思うけど、オーケストラと指揮者のようです。

ジョンやカールの合図通りに、オーケストラかつオーディエンスの我々は皆、アクションやコールは勿論、サイレントをも彼らの思うままに作り出せるのでした。

まさに、奇跡のバンドです。

そして、我々もその構成員たりえることを、誇りに思います。

=====

中は、勿論「撮影禁止」なので、ゲットしたグッズです。


Tシャツ


いつもの、そして、今回のアルバムのための書き下ろしのドラゴン。


裏です。


この枠を縁取っている曲は、鉄板ですね。


ツアーパンフレット。

フルカラーで、すごく力が入っているのが伝わってきます。

(前回は、最終日の名古屋は売切れだったけど、
今回は、まだあって、良かったです)。


裏です。


「XXX(30)」マークが、カッコイイです。


 中です。

すったもんだがあったので、80年代から、


いきなり、2000年代に飛んでいるところが、すごい(笑)。

(ジョンの「アストラ」とか、好きなアルバムなんですが、
オリジナル・メンバーじゃないから、カウントされないんですね)。

でも、何度か行っているうちに、
ジョンが「レディオ・スター」を歌ってくれたり、
スティーブが「GO」を演奏してくれたりして、

最後は、いつも4人が肩を組んで挨拶をしてくれて、

もうすっかり、わだかまりはないんだと。

それが一番、嬉しい。

何度も言いますが、「奇跡」です。


2年前のオメガ・ツアーも行ったんですが、あのぼろっちい、戦前からある市公会堂の大ホールで、彼らが登場した瞬間から、皆、総立ち。

そのまま、ずーっと総立ちで、
ジョンも「キミタチ、サイコウダヨ!」と、ノリノリ。

それが、今回の「名古屋のオーディエンスは、最初から立ちっぱなし=ライブハウス」に繋がった気がするので、本~~~当によかったです。

こんな偉大なアーチストが、ライブハウスでやってくれるなんて……(感涙)。

(しかも、名古屋がトリですよ、トリ!)。

幸せすぎです(*^0^*)。

(前回、名古屋では、ぼろっちい市公会堂の、照明も学園祭みたいな素朴な舞台で、室内着みたいな、およそロッカーには程遠い格好をしていながらも、実力がグンバツにダントツで、”神の領域に、完全に連れ去られた”のにも、舌を巻き巻きでしたとも!!!)

(なんという、快感!)、(そして、絶頂!


左・30年前の1982年のブルードラゴン

VS 

右・30年後の2012年のレッドドラゴン

(ジャケ絵のアーチストさんが、変わらないのも、すごい)。


絶対、来年も、最後は、また、名古屋で。

絶対、ライブハウスで、一体になろう!!!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  「エイジア」「2012」「来日公演」「ブログ」の検索ワードで、こちらに来られる方がそこそこいらっしゃって、ジョジョのアレでは申し訳ないので、ちょっと急いで書いてみました(^^;)。

(レプといいライブといい、主な会場がどれも近いのが、名古屋のコンパクトで住み良いところです。(今回も、帰りは車で、お迎え(^^;))。酷暑さえなければ……! orz(大泣))。