ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年9月22日土曜日

ウチのカエルたち(ペット)39

PCトラブルのために、画像のリンク切れしていまいました。順次、直していきますので、ご了承ください。お見苦しくて、申し訳ありません。

まずは、「アオガエル」から。


その1.ヤエヤマアオガエル(2匹)。4.5~5cm。

病気は、よくなったと思います。

鼻先の細菌傷も目立たなくなり、薬を傷口(傷跡?)に垂らすのも、とうに、やめました。

昼は熟睡し、夜に活動しているようです。

あまり、もりもり餌を食べている印象はないのに、ぐいぐい大きくなっているのは、流石、アオガエルです。

*****


その2.リュウキュウカジカガエル(5匹)。2.5~5cm。

こちらも元気で、もう病気で死ぬ心配は、しなくていいと思えるようになりました。

2匹のオスが、交互に鳴いて、メス(マダム)を誘っています。

以前より、力強く、大きくて、長続きする、小鳥のような声です。

6月にきたベビーは、成長していますが、まだ小さいです。

マダムのような、ワイルドの個体は、年代もの(?)で、何年もかかって大人になっているんですね。

*****

その3.モリアオガエル(?)。兄弟。3,5cm。


誰もが来た道を、順当に通る、モリアオ兄弟(どっちか忘れた)のコ(笑)。

(アマさんも、ヤエヤマも、これに、抱きついたり乗っかったりします。アカガエルはしない(できない)ので、アカさんに、この水入れを使うのは止めました)。


このコは、弟クン。

モリアオとシュレーゲルの区別は、手足の水かきが長いのがモリアオ、らしいのですが、注意してみていますが、よくわかりません!(><;)

これは、水かきが長い部類に入るのでしょうか?

ともあれ、この兄弟、すごい勢いで大きくなっています。

まだ、カエルになって、ひと月半ぐらいですが、もう、豆太郎と同じか、豆より大きいぐらいだし、1年以上飼っているアマガエルとも同じぐらいの大きさです。

シュレーゲルよりモリアオのほうが大きいので、やっぱりモリアオ……? でも、目が赤くないし。うーん。


豆太郎の珍しいラブリーショット。(よく見ると、にこっとしています)。

時々、「クックック」と鳴きます。

なんとか色素が欠損しているので、成長は遅いと思うけど、もう十分大きいつもりでいたら(アマさんと比較して)、モリアオ兄弟に物凄い勢いで抜かされそう、今、並ばれている状態でしょうか。

相変わらず、体色はエメラルド・グリーンで、緑にはならないので、ヤエヤマです、といっても通用しそうです。(指先はちゃんと、黄色いのになぁ)。

=====

続いて、「アカガエル」です。


その4.ヤマ?アカガエル。ジャイロ(手前・長野出身)8cmとジョニー(向こう・岡山出身)4,5cm。

もともと、ワイルドで、ずっしり大きかったジャイロは、もう成長しきったオトナのメス(笑)のはずですが、運動不足のせいか、さらに大きく、メタボになりつつあります。

(☆それについて、とある”策”を講じたのですが、上手くいきませんでした orz)。

ジョニー(笑)とは、種類が違うかもしれません。

でも、wikiで見たら、アカガエルだけで何十種類もあり、よくわかりません!(><;)(こればっか)。

(トノサマがアカガエルということも、wikiで初めて知りました)。

ジョニーは、6月に家に来てから、1cmぐらいしか大きくなっていないし(がっしりはしている。来たときは、びっくりするぐらい細くて、あわててエサをやりました)、時々、「ワン」とか「キュッ」とか鳴いているのが、ジョニーかもしれません。まだ、確認はしていませんが。

(うーん、リュウキュウが、短く鳴いているのかもしれないし)。(アマさんとの声の区別はつくのですが。アマさんは、オスがオスに踏まれると「グェ」とか「ゲー」とか言うので、わかりやすいです・汗)。


水中大好きな、ジャイロ。ジョニーは、水に入りません(?)。

ん? あごのところ、脱皮中でしょうか。皮がついています。

(ヒキさんと一緒で、水に漬かって体をふやかすのかな?)

(そういえば、アカさんの脱皮を目撃したことはないです……謎)。

8cmもあるジャイロが、ケースで跳ねると必ずどこかぶつかって、すごい音がするのですが、ジョニーは平気なので、やっぱり、この2匹はこれでよさそうです。(合わないと、びびって萎縮し、餌を食べなくなったりするのです)。

(それにしても、よくあんだけ、跳ねて暴れて、鼻をすらないものです)。

(ジャイロが、安心して跳ねられる”ケース”を模索しているのですが)。

(必要なのは、広さなのか、高さなのか、両方なのか……)。

*****

その5.


トノサマガエルのディオです(笑)。3cm。

ベビーで捕まえた先月より、1cmぐらい大きくなりました。

最近、慣れて、死角から、こんな手前に出てきてもくれるようになりました。嬉しいです。

(慣れないと、逃げられないので、隠れたがるのです)。(顔を、こちらに向けてくれません)。


ディオも天性の、観葉植物乗り(笑)。←アカガエルだから


珍しく目がくりっとした、ラブリーショット。

ガチャ!ドカ!ボチャン!と、やかましい暴れ者のジャイロに比べて、まだコドモなので?大人しいです。

ケースを掃除する際、こういう感じで、植物に乗らせたままでの移動が出来る、お利口さんです(今のところ)。

=====

インターバル。


おたまから上がった、ベビーズ。1~2cm。

左・アオガエル、右・アマガエルです。(肩に手を乗せている?(笑))。

アオガエルは、20匹以上います(^^;)。

アマさんは、5匹ぐらい。

アオさんは、本当にめきめき大きくなるのに、アマさんはなかなか大きくなりません。エサは食べているし、すごくすばしこく跳ぶのですが。あまりに、大きさが違うと、食べられちゃうので、分けようかと考え中です。

(アオさんの大きなコから、豆さんのケースに移していこうかな)。


さらに、小さなコ。

アオガエルですが、遅くにカエルになったコは、↑のコたちの食いっぷりについていけません。

痩せて、色もまだ出ない状態なので、未だに雑草についた小さな虫などを与えています。

頭でっかちから、丸い体型になったら、卒業(卒園)です。


観葉植物のスポンジ植え。

カットした脇芽を捨てるのが勿体無くて、ミニ花瓶に差していましたが、あるとき思いついて、スポンジに。

これは、なかなかいいです。

小鉢の土植えだと、床が土で汚れるし(カエル自身も、体に土など異物がつくのを嫌がる)、高さを取るので、肝心の葉が天井につかえてしまったりするのですが、これは位置が低く、しかも、スポンジが適度に水分を保ってくれるので、ちょうどいいです。

もっと、沢山作ろうと思います。

=====

その6.アマガエル(2年目)。3~4cm。


葉に乗って、こちらを眺めたり除き見ているポーズが可愛いです。

顔も仕草もサイズも可愛いのが、アマさんの魅力です。


”アマガエルとポトスのミルフィーユ”。

エサをやると、相変わらず、戦場のようです。

沢山食べてもなかなか背は伸びず、恰幅が良くなるばかり。

なので、余計、物凄い勢いで背が伸びていくアオさんとの違いに、驚かされます。

2年目で、2ヶ月のモリアオ兄弟に、大きさで並ばれています。

(残念ながら、この夏、小柄な2匹が死にました。隔離しましたが、エサが取れない状態になってしまったのです。食いついているつもりでも、舌が伸びないので捕らえられないとか。練り餌を給餌してみましたが、ダメでした)。

(猛暑の影響かな、とも思います。カエルもこの気候では、参るでしょう)。

という訳で、アマさんは、現在大人10匹とベビー5匹?です。

*****

その7.真打です。


”貞子”状態で、水入れから這い出るヒキさん。

この頃、「おはよう」とか、何かのお世話をするときに、頭をなでると、人間並みの深~いため息を鼻息でするようになりました(涙)。すごい肺活量です。(しかも、何度も)。

何? 何が不満なの?

脱皮が難しくて、イライラするから?(耳をかくネコのように、後肢で顔の皮を取ろうとするけど、上手くいかない)。

エサがヒキさんには小さすぎて、ちょこまか逃げて、スローモーなヒキさんには食べづらいから?

でも、愛しているのよ!

=====

以上、長々と、お付き合いをありがとうございました。


ふふふ。

こちら、初めて行くイベントですが、カエルも沢山、展示即売されるようで、楽しみです。

行ってきます。

にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ  もちもち隊を生で見るチャンス!(わくわく)