ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年6月26日火曜日

カブトムシ観察記

あらかじめお断りしますが、

虫が嫌いな人は、絶対に見ないでください。

いいですか?

本当に、ご注意くださいね。

グロ級(涙・本当は違うけど)ですからね。


5月8日。

いつも、カエルのエサを買っている業者さんから、”おまけ”にカブトムシの幼虫(ペア)を頂きました。


写真にすると、残念ながら、「勘弁して~(汗)」になるのですが、本物は「よくできているな~!(完璧に無駄のない機能的美しさ!)」と、などと感心して見入ってしまいます。

この年齢だからこその、感性かもしれません。

動いている(生きている)本物を見ていると、全く見飽きないです。永久機関のようです。

ふちの方から、堆肥を食べつつ、時計と逆回りにまわっていくので、堆肥の真ん中だけ、こんもりと盛り上がります。

カエルのえさと同じ箱に入れているので、時々、プラケースをカリカリする空回り(空齧り?)の音が箱の中からするので、「はいはい」と寄って行って、ケースをごろごろ回して、手を汚さずに手抜きで、均等に、堆肥をまぜまぜするのでした。

=====

6月24日。

家に来て、ひと月半。

なかなか大きくならなくて、来た時より、縮んだみたいです。

全体として茶色になって、動きも鈍いし、病気?

と、思ったら


6月25日。

さなぎになっていました!(拍手!)


オスのさなぎの赤ちゃんです。


触ったところ、本当になりたてのようで、もぞもぞ動きます。

さなぎが動くなんて、知りませんでした!)

側に、幼虫の殻が脱ぎ捨ててありました。(頭の形が全然違う!)

そしてオスの角の元はありますが、羽といい、まだ全然伸びておらず、全然カブトの形をしていません。

さなぎなってからでも、変化して成長するんですね。

めっちゃ、驚きです。そして、楽しみです。

もう、これ以上は、遊ばないようにして(すみません、”わ♪動く~☆”とか、つついていました(子供か))、形の欠けや傷や凹みのない、きれいなオスになるよう、サポートしていきたいです。


ちなみに、オスほど、動き回ってせっせと食べず、底のほうでだらだら寝てばかりいる存在感のないメス(あれ、カエル♀も、そんな感じ(ついでに私も)、(私は食べてばかりだけど(こら)))は、体が白いので、さなぎになるのは、まだちょっと先のようです。

(オスより長生きして、卵を産まないといけないもんね)。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ