ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年6月12日火曜日

ユーロ2012

見ています。


やたら、CMバナーの出ているこれ↑です。

予選を1試合も見ないまま、本番になってしまい、欧州なだけに試合は全部真夜中だし、今回は見ないかな~と思っていたのに、いざ始まると、見ていました(笑)。

(しかも、wowwowに加入せず、民放だけで頑張ろうと思う。ケチ

いやー、開幕戦の開催国(枠出場)・ポーランドvsギリシャ(前々大会覇者)が、名前だけじゃ絶対に見ないようなカードなのに、思わぬ展開の連続で、早速、惹きこまれました。

試合もプレーも”名前じゃない”、サッカーの面白さに、あらためて気がつかされました。


今回の資料は、これだけ(wikiのプリント)。それ以上は、公式などを見ればいいかな、と。

分厚い本とか買っても、結局、読まないし、情報が古かったりするし、欧州リーグは見ない”にわか”なので、対戦カードがわかれば、まあ十分です。

とはいえ、ユーロは、欧州版W杯なので、見ておかないと、2年後のW杯(の見方)に、影響します。

名のある選手が活躍できなかったり、あるいは、新たな若いヒーローの出現する場でもあり、ユーロだけに強い国や、ユーロでも強い国があったりして、そのあたりも楽しみであり、面白いです。

=====

10年前は、パリに行って、予選の一試合を見ました。


「フランスvsスロヴェニア」を、フランス国立競技場で。


憧れの万全のジズー(怪我を押していない)を、目の前で、生で見られて、感無量でした。

=====

それはさておき、私が好きな国は10年来変わらず、スウェーデンチェコです。

(雑貨じゃないですよ(笑))。(行った事ないです)。(行くなら、サッカー見たい!(笑))。

チェコは、大きな大会には出たり出なかったりなので、今回は久しぶりに見られるのが楽しみです。

スウェーデンは、中堅の強豪国。なんだかんだ言って、ユーロ・W杯を出続けているのは、流石です。とはいえ、その間を率いていたラーゲルベック監督は解任?(こないだ、日本とAマッチで対戦したアイスランドの監督をしていました)。

今までの前線は、FWラーションにアルベックというベテラン頼みに、”ガチな4バック”(←これが好き。ドイツとか)、でしたが、ついにズラタン・イブラヒモビッチが主将に!

今期、ACミランで得点王という”真価”を、や~~~っと発揮した(らしい)彼が、どこまでゴールに迫ることが出来るのか!

(それにしても、ズラタンがミランかぁ。彼に合うのは、どこのチーム、リーグなんだろうと案じていたけれど)。(今日の味方は、明日の敵。欧州は大変だなぁ)。

問題は、中盤からの”よい球の出し手”がいなければ、孤立してしまうおそれがあること(昨日のロナウドもそうだったし)。

そういった意味で、やっぱり、優勝争いは、中盤がキーで、イタリア、ドイツ、スペインかなぁと思います。

思わぬ国の、ジャイアント・キリングにも、ちょっと期待しています。

(スウェーデンには、最低でもR4は目指して欲しい!)。(いつも、予選を突破すると、しぼんだ風船のように力尽きるのが……涙)。


にしても、ブッフォンとカシージャスは、いつまで正GKやっているんだろー。(例え人類が滅んでも、この二人はゴールマウスを守っている気がする……)。

そして、スウェーデンは、今回もまたイングランドと対戦だなんて。

サッカーの神様は、余程この友好的な隣国を戦わせるのがお好きのようです。

昨年の国際Aマッチで、「43年ぶりに、イングランドがスウェーデンに勝利した」というけれど、本大会では、いまだイングランド勝利ならずということでいいのでしょうか。同組なので、予選での対戦があり、楽しみです。(また、引き分けかなぁ)。

(てゆうか、ブランがイングランドの監督ブランはフランスの監督や!(←情報間違っているよ、自分)。(もう、めっちゃ錯綜して混乱しています)。

やっぱ、見ておかなくっちゃ、取り残されて、2年後(ブラジルW杯)にはさらに、ちんぷんかんぷんに!

ブログランキング・にほんブログ村へ  ディ・ナターレ34歳、若手とベテランが活躍する本大会。本番初召集なら、玉ちゃん、闘莉王、楢崎にも十分チャンスはあると思う。
ちなみに、普通に優勝候補国なら、私が好きなのは、イタリア、ドイツです。(エジルが、Rマドリ?いつの間に)(だから遅)。(老け顔ピルロはさらに老けているし。ていうか、よく過労死しないよなぁ。遠藤とか)。
日本の最終予選もそうだけど、レフェリーのレベルアップにも眼も見張るものがあります。どうか、歴史的誤審がありませんように。