ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年10月27日水曜日

イベントに出品する商品に付けるタグ(SHOPカード)を作る

イベントに出るからには、商品タグ?というか、この場合はSHOPカードが必要のようです。どこの誰が作った商品なのか、あとからでも、わかるようにするためなんですね。

今までは買う側だったので、あまり意識したことはなかったのですが、そういえば、そういったタグがついていることで、アーチストさんの名前を覚えて、ブログなどを見て、活動を意識して、また買いに行ったりはしていました。なるほど。

タグ……。

どうしようかと、あれこれ考えましたが、なんだか面倒くさい気持ちが先行です。”可愛く作る”というより、”わかればいいんでしょ”という事務的な盛り上がらない気持ちで、


(両面)印刷できる厚紙を買ってきました。


それに、ワードの「書式」→「背景」→「塗りつぶし効果」で、カラフルなデザイン用紙を印刷します。


そして、裏に返して、「東海道の文具」の名前(屋号)とブログURLを、印刷します。


それを、カッターで、細長くカットします。


さらに、スクラップブッキングで使う、小さな穴あけパンチで、穴を開けて、


可愛い細毛糸を結び付けます。


できあがり。

栞っぽい所が文具っぽく、それでいて長すぎるところ(でも邪魔じゃないところ)が、それなりの存在感、役割を果たしてくれるはずです。


裏に返すと、デザイン印刷が入っているのが、ちょっと面白いです。左右の印刷領域をはみ出るため印刷できない白い部分まで、計算したかのようなアクセントに。


アップにすると、こんな感じです。


商品のセットのパッケージに入れてみました。

実はコレ、偶然の産物で、「デザイン用紙を作る」のと「SHOPカードを作る」のは、別に考えて、行っていました。「デザイン用紙」をプリントしつつ、「SHOPカード」はどうしようかな、と名前とURLを試しに打って、試しに印刷して見てみようと、デザイン用紙をプリントした裏紙を使ったのが、きっかけで、「あ、これでいいじゃん」となったのでした。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村