ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年4月8日日曜日

うちのヒミツガエル(ペット)

お待たせしました。

(文具がメインのブログなのに、ブログ村の「カエル」で1位になってしまい、申し訳ないです)。


カエル嫌いの人は、絶対に見ないでください。

アマガエルは大丈夫でも、そうじゃないカエルはダメかもと思われる人は、お気をつけください。




いいですか?


(一応、普通に可愛い場面しか、写していないつもりですが、念のため)。






じゃーん。

こちらのミニケースに、オス、メス、1匹ずつが入っています。

冬の間、ずーっと水ゴケや鉢に入って、半分、冬眠していました。(毎朝、寝相を確認していましたが)。

でも、もう春なので、起きてもらわなければなりません。


と言うわけで、2匹が同居できる、大き目のケースをレイアウトしました。

水が得意なカエルさんなので、水入れも大きく。

マキさんから頂いた大きめシーグラス、復活です!)


そして、カエルを新しいケースに入れたところ、早速、水入れ(水中)に逃げました。

が、泳いでばかりで、自力で上がれません。(↑これはオス)。

そのうちに、こんな冷たい水にずっと浸かっていると死んでしまうのでは、と心配になり、


乗せていた熱帯魚用の流木を、水入れに半分沈めたところ、


流木伝いに、自力で上陸できるようになりました。(↑これはメス)。


後ろ向き。

冬眠して4ヶ月も絶食していたわりに、しっかりした体つきです。(流石は、ワイルド(天然モノ))。


じゃーん。

ご満悦のメスちゃん、初お披露目です

こんな感じのカエルさんです。

(お目目パッチリで、超・可愛いです!)。(≧д≦)


その後も、私が他事をしていても、喜んで、何度も飛び込む水音が聞こえました。

気に入ってもらえたようで、よかったです。


他のアマさんの掃除後のケースの水滴が乾いた頃でも、水びしょびしょ~(笑)。

ちなみに、オスくんは、メスちゃんが水遊びしている間、天井近くに張り付いて、怯えていました(※)。

(4ヶ月ぶりのご対面ですもんね)。


と言うわけで、個別ケースだったときのオスくんです。

オレンジがかった色のメスちゃんに比べて、グレーです。

アマガエルほどではないけれど、色の変化はあるようで、楽しみです。


大きさは、メスちゃんの半分程度の3センチぐらいです。

泳ぎが得意で、跳ねも得意、アマガエルの10倍はすばやく動き、水陸両用に適している足は、超~~~ロングです。

メスちゃんの大きさは、5センチ

我が家で最大のカエルです!(笑)。

(それ以上の大きいコは、私には無理!!と思っています(汗))。(大きなカエルは沢山食べるし(ランニングコストが高い)、沢山出すので、掃除も頻繁に必要になります)。

(また、大きなカエルは、小型カエルのアマちゃんを捕食するので、そういうカエルを、アマちゃんのそばに置きたくない、というのもあります)。(”自分にとって、危険な生物が身近にいる”というのは、野生の勘でわかって、落ち着かないんじゃないかと思うのです)。

~~~~~

閑話休題。

ヒミツガエルを、もうちょっと詳しく見てもいい、と思われる猛者へ。


掃除の際、ミニケースに入れたところ。上・メス、下・オス。


(※)メスが喜んで水に飛び込んだり上がったりして、はしゃいでいたときの、怯えるオス。

~~~~~


ウチにやってきたばかりの頃は、こんな感じでした。(昨年12月)。

大きさは、全然、変わっていないです。

先に述べたような理由で、大型になるカエルの飼育は無理なので、このコ達は、これで大人のカエル(ワイルド個体・ペア)です。

(うちのアマちゃんたちは、CB(繁殖家が繁殖させた養殖モノ(笑))で、外界の厳しさを知らないボンボン育ちです)。(これが本当の甘ガエル)→自爆

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  よかったらヒミツガエルの種類を、当ててみてください。(ヒント・日本のカエルです)。(外国のカエルも、飼う度胸(度量?)がありません(汗))。