ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2011年6月23日木曜日

東京土産その5:蔵前「カキモリ」のセミオーダー・ノート

東京にいるときに、偶然、コンビニで、発売になったばかりの、この雑誌を見つけました。


東京の「下町」の可愛いお店の特集です。

まさに、今いる場所、今行きたい場所の特集だったので、大喜びで参考にさせてもらいました。


そんな訳で、最終日に、急いで、掲載されていた地下鉄・蔵前駅ちかくの「カキモリ」さんへ行ってきました。


店内の様子です。(※許可を得て、撮影しています)。

珍しい国内外のステーショナリーが、沢山ありました。

こちらでは、セミオーダーのノートがその場で作ってもらえる、とのことで、(思いもかけず、伊東屋でも作ってもらえたのですが)、やっぱり、こちらでも作ってもらいたくて行きました。

右手の棚の上部に、ノートの見本があります。その下に、選べる表紙やノート用紙が置かれています。

お店の人に、聞きながら、どんなノートを作ってもらえるか、仕様が細かく注文でき、それを、その場で、10分程度で作ってもらえます。


製本してもらっています。


そうやって、2冊のノートを作ってもらいました。写真では同じっぽく見えますが、微妙に違うブルーです。

表紙の素材(皮や紙)、リング部分の色や綴じ(真ん中を空けるとか)、小口側の留め具(ゴムバンドだったり、皮ひもだったり)が、選べます。


1冊目です。サイズはB5で、キレイなブルーの皮の表紙です。

こちらは、金の金具に、止め具の皮ひもは紺です。


「kakimori」の型を押してもらえます。カッコイイです。


裏です。例のごとく、デジカメでは、色が上手く出ないのですが、萌黄色のしっかりした裏表紙用の厚紙です。


開いたところです。自由な発想の展開、スケッチなどに向きそうです。


2冊目です。B6サイズの縦型です。こちらは紙に布を貼った表紙です。

金具は銅色で、留め具の革紐はナチュラルです。


こちらも、「kakimori」の押印入り。


開いたところです。紙は、B5のものより、やや厚めを選びました。


裏表紙は、味のあるココアです。


同じブルーでも、表紙から中の紙まで、少し違えてあります。

イメージとしては、大きな皮表紙の方がポップでフランク、小さな布表紙のほうが”真面目”です。

今回、時間がなかったので、大慌てで、せかすように作ってもらってしまいましたが、また次回訪れるときは、もっとゆっくりしたいお店です。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村