ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2011年6月20日月曜日

東京土産その3:伊東屋でマイ”LIFE”ノート

カッコイイ風景印を求めて、やって来たのが、銀座。


銀座といえば、やっぱり伊東屋は外せません。

(ちなみに、伊東屋の隣に、銀座通り郵便局があります)。

何か面白いものは置いてあるかな、と中へ入ると、


何と言うことでしょう!

1階の入り口のすぐ脇で、好きなノート用紙(メーカー)と罫(図柄)を選んで、その場で「オリジナル・ノート」を作る、という企画が行われていました!

テンション、急上昇↑↑↑


私が選ぶのは、勿論、LIFEのノート地です。

その場で、表紙と、中のノート地10枚を選びます。5~10分程度で作ってもらえ、お値段も189円から、と激安です!


こちらの6社から、好きな紙が選べます。

いろんな会社の紙を取り混ぜるもよし、私のように、好きなLIFEの紙だけで、作るもよし。


LIFEのひと柄(アルバム様の、左に写真大の 、右に罫線のペアが、1ページにつき3ケ入ったもの)は、すでになかったのですが、それ以外の8(9?)種から選びました。


社員さんが、その場で綴じて、綴じた際にはみ出る小口の不揃いを、断裁してきれいにしてくれます。

※店内写真は、許可を得たうえで撮影しました。

*****


そして、作ってもらったのが、こちらの2冊です。

1冊に、5枚×2種類のノート地を選びました。


可愛いピンクの表紙です。


細かい鮫肌?の型押しが、ちょっと高級な感じです。


中の紙です。1ページに、気持ちを表す4つのアイコンとそれぞれ異なる罫線やドット、マスなどがついた日記のページです。


真ん中の5枚は、チェックを入れるボックスの入った、書きやすいリストです。


製本用ホチキス?で、簡単中綴じです。


続いて、紺色のリザードの型押しのノートです。

(本当はもっと、深い紺で、高級感がありますが、例によってウチのデジカメでは、上手く色が出てくれません)。


アップです。ピンクの可愛さと対称的に、大人っぽい表紙にしました。


こちらは、ノートの表紙が図柄になった、洒落のあるノート地(面白くて使いやすそう)と、


小口側が、タブになっているノートです。自分で切って、タブが作れます。グッド・アイディア!

今回、こんな企画があるとは露知らず、たまたま入ったところで、オリジナルのLIFEのノートが作れて、本当にラッキーでした。すごくいい東京お土産になりました。

そして、私が選んだノート地4種以外のノート地3種(ボディ、ハート、斜線)で、Carnet de Voyageさんが、ノートを作られていたので、記事をリンクさせていただきます。この企画についての説明も詳しいので、ぜひ、ご覧ください。 → こちら



そのうえ、伊東屋には、ふにふに。さんのブログで見て、うらやましかったけど、このために新宿まで行くのは遠い~(絶対に迷子になる自信があるし)、とあきらめていた、オスコのスタンプも、しっかり、ありました。(4枚目写真・見本用紙の後ろ)。

流石は、伊東屋ですね。参りました。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ また参ります
にほんブログ村