ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年12月28日火曜日

2011年1月のバインダーノートのタブ・カレンダーを作る

持ち歩いている100円ショップ品・メイドのA5のバインダーノートですが、当分このまま、こちらを使い続けそうです。


普段、無印のポーチに入れているので、これがとても使いやすいのです。

普通のバインダーだと、背中の角の部分が邪魔だったり、内容量のわりに全体が大きすぎたり、持つときに凹凸がなく掴みづらいのですが、これは、閉じ具部分に指を掛けるようにして掴めるので、便利です。



表と裏の表紙代わりのPP
が、馴染んで、いい具合に、やや内巻きに湾曲して、リーフを包み込むようになってきています。(皮でもないのに、PPでも馴染むんですね)。

リーフで、突出して見えるのは、月ごとに自作しているタブです。


こんな感じで、(閉じ具から外してみました)、ノート(リーフ)を書きながらでも、月のカレンダーがちらっと見えるように、タブを大きめに作っています。

以前は、同じ紙を使いまわして、カレンダー部分だけ貼り替えていたのですが、カールのルーズリーフ用パンチを買ってからは、台紙ごと月ごとにタブを作れるようになり、月ごとにガバッとめくれて、リーフや内容を見やすくなり、また、タブ・カレンダーには、本文に入らないようなメモを書いたり、入れ損ねた付箋などもつけることができて、それごと2穴ファイルに保存もできるようになりました。

その月にあった、ちょっとしたことが、とても見返しやすくなりました。


と言うわけで、来月1月分のタブも作ります。まずは、大き目の色画用紙を、A5の横幅より1センチほど大きめで二つに折り(タブとしての厚みと強度を持たせるため)、余分をカールのカッターでカットします。

(このカールの台付きカッター、すごく便利です! 同じ大きさに切りたい物を添えて(この場合、12月のタブ・カレンダー)、合わせてカットするだけで、計らなくても、同じ大きさに切れます。もう、手放せません。

下の段差(メモリ部分)に合わせるだけで、カットが直角になるので、手で切っているときの”四角のつもりでカットしているのに、微妙に菱形?”なんてことにならずにすみます。(私が不器用なだけ?))


ネットでDLした、貼り付けるためのフリーのカレンダーもプリントして、カットします。


切る紙の左側より右側が大きいと切りづらいので、上下を逆さまにしてカットします。(ちなみに、年間カレンダーです)。


1月なので、タブのページの装飾には、えざきちさんからもらったばかりのエンボス加工のえとの「うさぎ」の切手を使うことにします。切手が貼られた部分を切り抜いて、水につけて紙からはがします。


さらに、えざきちさんからいただいた、メモの詰め合わせが入っていた、こちらの可愛い装飾も、クリスマス限定ではないカラーなので、使わせてもらうことにして、


材料をいろいろ取り揃えて、気分で装飾しながら、タブを作っていきます。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村