ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年12月1日土曜日

晩秋の高原旅行 2

長野県南部の中央線「木曽福島」駅からバスに乗り、「開田高原」へ来ました。


3ヵ月半ぶりですが、懐かしいです。

夏には、田んぼとトウモロコシ畑だったところも、すっかり刈られ、ならされています。


町営バスは、ときどき、国道?をはずれ、民家のある場所を、縫うようにして走ります。

1分ごとに、停留所名が告げられるほど、こまめに停留所が設置されています。

まさに、町民の足ですね。


さて、目的の場所(宿の最寄りの停留所)で、降りたところ、


見事な雪山が、望めました。

大興奮です。


左の、模様っぽいのは、スキー場でしょうか。

さらに、ズーム・アップ。



こちらの高原でも、本格的な降雪はまだのようですが、(というか、あまり降らないけど、-20℃(!)まで下がったりもするので、溶けないそうです)。


雪山写真を撮るにあたり、こちらの坂道で、さっそく滑って転びました orz

(受験生の方、ごめんなさい)。

(でも、今回の旅行中で、滑って転んだのは、この1回だけなので、「今年の転び納め」としたいです)。(なんじゃ、そりゃ)。


小さな秋。

銀色(にみえる)、松ぼっくり。


こちらは、トゲトゲしています。

可愛いので、自分のお土産にしました。 (無料です!(笑))


きれいに、ならされ、畝の入った畑で、冬から春にかけては、何を作るんでしょう。


枯れたススキも、穏やかに、やさしく、風になびいています。


足元にも、いろんな可愛い葉が、一杯です。

見るものすべてが、”宝物”のようで、「気に入ったもの探し」をしてしまいそうです。

(タダだし)。(こればっか)。

(都会では、”ただ可愛い”というものがあまりないうえ、何にでも価格がついていますもんね)。


さらに、周囲には、いくらでも伸びていたり、垂れていたり、絡んでいたり、落ちていたりする、大量の枯れ枝や、蔓の類が。

やったことはないですが、手にするだけで、むらむらと、リースや小物を、作りたい、パワーやインスピレーションが湧いてきます。

冬の間、外は雪でも、家の中で、そういう作業をする気持ち、実際、昔の人は、作物が作れない間の副業にしていたのかもしれませんが、

私の場合は、「実に楽しんで、それに、いそしんでみたい!」と、感じました。

うずうず。


朴葉味噌(飛騨・高山の名物)の料理で使う、朴葉も、立派なものが沢山落ちていて、ちょっと集めたいような、すごく勿体無い気分になりました。

使い方は、餅焼き網などに、焦げないようアルミ箔を乗せ、きれいに洗った朴葉を乗せて、その上に、朴葉味噌と刻んだネギを乗せて焼き、ふつふつと熱くなった味噌を、そのままご飯に乗せて食べたり、その味噌であえながら、朴葉の上で、キノコ類や飛騨牛などを焼いて食べるのです。

ああ、書いているだけで、涎が……。

(そんな、素朴で豪華な料理は、何年も食べていない気がします…… orz)。


この先、西へ、峠の山道などを越えて、60kmほど行くと、飛騨・高山に出るのですが、残念ながら、「飛騨路」「木曽路」では、間に険しい山が連なって隔てられ、県も、岐阜と長野で違うし、文化圏も違うし(名古屋→高山→富山へいたる)(名古屋→木曽→塩尻・松本・長野へいたる)、

木曽(福島)には、五平餅やおやきはありますが、朴葉味噌や飛騨牛は置いていないので(当然ですが)、集めずにおきました。

(でも、葉のきれいなのだけ拾って、通販で味噌だけ買えばよかったかも~)。

(もう、遅いよ! ばかばかっ!)


咲き遅れの、民家の菊が、可愛かったです。

(花は、ちょっと咲き遅れのほうが、色鮮やかで、いいと思います^^)。


「すんきって、なんだろう?」と思いつつ、荷物を置いた宿から45分も歩いて(寄り道しながらでもあったけど、実際に、結構遠かった)、目的の蕎麦屋さんに来たのですが、「お休み」でした(号泣)。

(あ、「すんき」は、のちほど、食べました)。

(飛騨の「赤カブ」ならわかるけど、本当に文化圏が違うんですね)。


そこそこ寒かったはずですが、厚着で、汗をかくほど歩いたうえ、「手ぶらでは、帰れぬ!」と、帰りは、夏に通いつめた「開田高原アイスクリーム」(営業中)、(ぽつりぽつりと、客が来ては去っている。流石!)に、寄って、


じゃーん!

12月限定の、ブルーベリーパフェ!(500円)

下にブルーベリー・ヨーグルト、上に蜂蜜入りブルーベリージャム、そしてアイス(ソフト)のコンボ。

勿論、全て自家製です。

また、45分の道のりを、食べ歩きしながら、帰りま~す。


美味~~~~~っ!!!

何、これ。

半端ないっ!!!

いや、美味しいのは知っているけど、やっぱり、あらためて、びっくりする美味しさ!

うぐぅ~、シアワセすぎる~。


という訳で、夕暮れの大きな空を見ながら、パフェを食べつつ、宿に戻りました。

(すぐに、食べちゃったけどね)。


飛行機雲までが、ぼんてんのついたリボンのようで、可愛かったです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  記事、長っ。ご愛読、お疲れ様でした。手袋は、セリアのものですが、暖かくて上々でした(^^)。