ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年12月24日月曜日

晩秋の高原旅行 4

11月末に行った、高原旅行の続きです。


御岳方面も、すでに雪を頂いています。


そんな中でも、流れがある場所(小川)では、ちゃんと生えている緑の草があります。すごい。


この日は、前日に買ったドトールのミラノサンドを、朝ごはんに頬張りながら、夏に良く訪れた場所を散歩しました。


こちらの左手が、”おたまじゃくしすくいのスポット”でした。

雑草が生い茂り、トンボや蝶が飛び、バッタも跳ね、水を含んだ土に足をとられては、何度も滑ったり転んだりした場所でした。

今日はスルーです。


おっと、右手の用水路に、”お宝”発見です!(大興奮)

こちらです。

かまきりの卵です。

これを暖めると、仔かまきりがわんさと孵って、カエルの餌になる(と本で読んだ)ので、用水路の向こうから、伸びてくるススキを、なんとか引っ張って取ろうと頑張りましたが……、

途中で、ぶちっと切れてしまいました。くそー。

あまり、身を乗り出すと、それこそ滑って、流れの速い3mほど下の水路に、転げ落ちたらどうなるのか……。

想像も出来ないし、したくないので、あきらめました。

ああ、手の届かない場所にある物を切って、掴んで取れる、高枝切りバサミを通販でゲットしておくべきでした!

(ていうか、そんなの持って歩いていたら、それこそ、むっちゃアヤシイ人じゃん)。(よそ者だし)。(無理~)。


道を、さらに行きます。

右は、夏にトノサマガエルのディオを捕まえた田んぼです。

(流石に、稲刈りが済んだので、ビリビリくる電線は張ってありません)。

(イノシシが、体についた寄生虫を落とすために、泥の中でゴロゴロ転げまわる習性があるらしく、そのための、獣避けのようです)。(田んぼでそれをされたら、たまったもんじゃないですよね)。


そんな、現在の田んぼです。

氷が張っています。


トカイモノの私には、こんな氷さえ珍しく、浮かれまくりです。


まるで、レジンで閉じ込めたような(逆?・(笑))何層にも植物が、分厚い氷に埋まっています。

(こういうのを見ると、「銀河鉄道999」の冥王星を思い出すのって、私だけじゃないはず。今度、メーテルのフィギュア(安い人形)を用意して、持ってきて、ひそかに埋めてみようかな)。

(【冥王星メーテルの作り方】:お湯を水筒に入れて持ってきて、氷を溶かす→メーテル人形をイン→やがて凍って、冥王星のメーテルの出来上がり~♪)

ああ、冬でも、こういうバカなことが思いつける開田高原って、本当に最高ですッ!


さて、そんな妄想をしながら、”おりんの山道”(時代劇のロケ現場になりそうな山道)を、行きます。

夏だと、流石に暑くて、汗だらだらで、ここまでは行かずに、田んぼのあたりで引き返していたのですが、その点、冬(晩秋)は、動くほどに温まるので、夏より快適に動けるのは、嬉しい発見でした。

(とはいえ、体感温度が0度ぐらいなので、カイロはこれでもか、というぐらいコート裏や靴内に貼りまくっていました)。(それで、丁度いい感じ)。


右手は、谷川ですが、左手は、林になっており、こんな感じで、土手というか、洞(うろ)に、滴った水が、凍っているのが、すごく面白いです。


つららです。

(なぜか、折って、食べたくなる……)。(しませんでしたが)。


霜柱、改め、土手柱です。

5、6cmもある氷結で、踏むなんて可愛いものじゃないです。そもそも、”横向き”だし。

まだ空き地が多かった子供の頃に、よく踏んだ霜柱を、久しぶりにまた踏みたかったのに、残念でした。

(はちみつや、ジャムも、今度は持ってこよう……)。(やっぱり、食べる気だな)。


苔とシダのミックス。

カエルたちが喜びそうですが、高温多湿の名古屋では、持って帰っても、腐ってしまうのです。

高原ならではの、貴重品です。


そして、足元には、どんぐりが一杯。

残念ながら、飼っているのが小型のげっ歯類ではないので、スルーです。

(というか、おりんな山道は、日陰で、じっとしていると、かなり寒いので、先へ進みます)。


この道を回ると、もう、しばらくで、目的地です。


下り坂の途中で、こんな見事な、「バラの松ぼっくり(枝つき)」を発見しました!

すごいです!(興奮)


もう、いっちょ。

本当に、ばらみたいです。

リアルな自然が見せる、こういった神様のイタズラこそが、ありふれた奇跡であり、宝物なんだと、つくづく思います。


枯れても、赤い実。


さあ、日当たりの良い、下り道を下っていきます。

この道は、いつか来た道~♪

つづく。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ