ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年12月10日月曜日

名古屋、雪です


「雪」です。

(出落ち一発!)


という訳で、名古屋、まだ12月ですが、積雪です。

ひと冬に、2回ぐらいは、積もったりもするのですが、年内の積雪は、早い気がします。


さらに、”あられ”まで、降って来ました。

(子供の頃から変わらず、”これが、金平糖かラムネだったら、いいのに”と、残念に思います)。

こういう日は、車も通らず、勿論自分も乗らず、妙に静かです。

ただ雪が静かに降ったり、あられのザアッとした通り過ぎる音、溶けた氷の水が滴る音、ぐらいです。


話は、戻りますが、昨日からスカパー解放デーにあたり、チャンネルを変えたところ、「宇宙戦艦ヤマト」の古いTVバージョンがやっていました。

ええと、沖田艦長がレリーフ?銅像になっていたので、「ヤマトよ、永遠に」だと思いますが、ヤマトのアニメも、ガンダム同様、いろいろあって、よくわかりません。

「宇宙戦艦ヤマト」のTV版と映画版、映画「さらば宇宙戦艦ヤマト」ぐらいしか、わかりません。

そのくせ、内容については、妙によく覚えていて、記憶違いかもしれませんが、

ヤマトが、いよいよイスカンダル星に到達するとなった頃、”デスラー総統が、風呂に浸かりながら、TV電話で、イスカンダル星の女王スターシァに話しかける”シーンがあって、子供心に、大驚愕し、

こんなデリカシーのない男は、絶ッッッ対に、イヤ!

いくら、お隣さん(双子惑星)でも、絶~~~対に、イヤ!(許しがたい!)

と、思い、毛嫌いするスターシァの気持ちが、よ~くわかりました。

(ませた、子供……)。(女の子って、おませなのよ(表現、古いよ))。


という訳で、2,3日前に、たまたま”秘密の箱”(笑)を、漁っていて、見つけたポスターです。

(裏が、くだんのマーグだったので、取ってありました)。


丁度、30年前とは……。奇遇です。

しかし、

なんで、沖田艦長は死んで、雪は生きている(蘇った)んだろう?

ジョジョ3部にしても、ジョセフだけ蘇るなんて、ズルイと思います。


映画「さらば、宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち~」の主題歌?挿入歌?だった、ジュリー(沢田研二)の「ヤマトより愛をこめて」。

あえて、最近の映像(2008)を選びました。

ジュリーが、今でも、この名曲を、とても大切に、歌ってくれているのが嬉しいです。

何より、”えっ、あの人が?”という歌手や芸能人が、世を去っていったり、すでに去っている中で、(何より、古代君(富山敬さん)が、もう、とっくにいないし・涙)、ジュリーが、元気で、歌い続けてくれていることが、ありがたく、嬉しいです。

”ヤマトの愛”(星になって結婚しよう、とか)は、どうも、子供の頃から、こっ恥ずかしくて、ダメなんですが、この歌は、愛の大切さを伝えてくれて、心に染み入る名曲だと思います。


ジュリーの歌入り、古いアニメ映画「さらヤマ」(1978)の、ラストシーンです。

今は、アニメにせよ、ドラマにせよ、ここまでの脚本を書ける人は、いない気がして残念です。

見ていると、ちょっと、映画版全部を、見たくなってきたかもしれません。

(”ちょっと”、ね)。

(多分、全部は、無理……)。(いや、やっぱり、絶対、無理ッ)。

私には、くさすぎるんですッ、ごめんなさいッ)。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  
=====
忘れられないTV版のエピソードは、他にも、いくつかあるのですが、(ドメル将軍の、割れたあごが許せないとか)、

確か、初期のエピソードだと思いますが、敵陣潜入中に、とある事態で身動きが取れなくなった真田さんが、
「古代、オレは昔、事故で手足を失い、オレの今の手足は、実は義手義足で爆弾になっている。(だから、パーツ外して、頭と胴体だけ、持ってけばOK)」と、

それこそリアル爆弾発言をしたことがあり、”そんな大事で、恐しく、危険なこと”を、今まで、ずっと黙って、行動を共にしていた真田さんに対して、一瞬で50mぐらい後ずさるほどに退き、

”そのまま置いて、敵と共に爆発してもらおうよ~(涙)、古代君~”と、
丸い画面のブラウン管TVに、すがって思ったけれど、メカニック・マンが彼しかいない必然から、連れて帰るしかなく、真田さん本体(頭と胴体)を負ぶって、古代が脱出。そして、十分に離れたところで、真田さんがスイッチを入れると、義手義足が大爆発! 敵基地の爆破・破壊に成功し、万々歳! めでたしめでたし、

……なんだけど、なんともいえぬ、モヤモヤを感じ、

真田さんって……。いや、

大人って、(うっかり)、信用できない……!”と、子供心に、強く深く、アレコレ考えさせられたのでした。

(ふぅ……)。(疲れるコ)。

(そんな、”成れの果て”が、私でございます)。