ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年7月8日日曜日

ウチのカエルたち(ペット)36

ヒキさんなど、新しいカエルが加わったので、いつもネットで注文している餌が足りなくなりました。

「明日の午前中には、新しい分が届く」と思いつつ、もう5日も餌をやっていないという事実。

5日ぐらいでは、多少スマートになる程度で問題がないのですが、自分が切なくて我慢が出来ず、ショップへ餌を買いに行ってきました。

そこで、出会ったのが、このカエルさんです。


一見、普通のアマガエルですが、異常に、小さいです。

普通じゃない小ささです。

つまり、このアマさんは、普通じゃないのです。

どのくらい小さいかと言うと、


なんと、ベビー・リュウキュウを下回る、1円玉サイズです。

昨年の経験からして、ベビー・アマガエルというのは、こんな感じ(↓)(今のウチのコの誰か)、で、


体型(のっぺり2頭身で、下半身が貧弱。足が細い)、色の出方も、全然違います。

このコ(↓)は、今年生まれとは思いますが、上陸したてのほやほや、ではなく、餌の捕獲の上手さ、体型(凹凸が有って、下半身がしっかりしている)、定まったマイ生活リズムや”落ち着き”からして、コドモかもしれないけど、ベビーじゃない気がします。



そして、体が透けます。


色もなんとなくあいまいで、はっきりした色には、なりません。


しかしながら、骨もしっかりしています。


食欲も旺盛で、フンは一人前です。

(というか、体の大きさの割には、大きいと思います)。


しかし、なんといっても、今、家にいるアマガエルのおたまじゃくし(↓)より、小さいのです。

おたまさんは、尻尾まで入れて、約3センチです。頭は、1センチぐらいです。

が、眼球の大きさが、今のおたまさんぐらい、そして目の幅は、おたまさんより狭いのです。


(あ、おたまさんは、底の泥みたいなのを食べていました。目撃できてよかったです)。(水草の皮や藻などを食べる、と本にありました)。(よく見ると、確かに食べていました)。

(カエルになるまで、あと2センチは、成長するようです)。


と言うわけで、

この、”普通のカエルを、7割方、縮小させた”ような、ミニミニ・(ミニマル)・アマガエルは、半分アルビノ?(正確には、皮膚の虹色細胞の欠損等?)で、ちょっと珍しくて、なかなか貴重なアマガエルなんじゃないかと思うのですが、1匹限定、たったの240円でした。

いいのかなー。

(日本固有のカエルは、アルビノを”生産(CB)”していないので、とある田んぼの一角だけで出るとか、あるいは全くの偶然で生まれるとか、確率の低い天然のものしかなく(と、教えてくれたのは、当のショップの専門家で)、自分の経験上、ネットだと、目の黒いこのコでも、成体だし、5000円~ぐらいはしそうなんですが)。

いいのかなー。

(特に、特異なアマガエルは、大きくなる多種に比べて、人気が高いです)。


極度に小さい以外は、普通のアマさんと変わらず、”確かにアマガエルだな”と思います。

よく食べてくれるし、元気なので、なんか、すっごく得した気分です。

(足りない餌を買いに行って、よかったです^^)。

=====

ケースを掃除する間、排水溝ネットに入ってもらいました。


頂き物のビレ・バンの、レジ脇においてある、お財布に入れるようなミニガエルとの比較です。


いつものシャーペンと比較すると、こ~んな小ささです。

ちょっとお腹がぺたんこだったので、この後、餌をやりました。(食べてました)。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  小さすぎて、水入れが入れらないので、濡れキッチンタオルと水ゴケを入れています。本物のアルビノ(赤目)だと、目が悪いので、ピンセットで餌を与えたりが必要かもしれませんが、ウチは総勢20匹以上いるので、そんなことちまちまやっていられません。ので、普通に黒目でよかったです。