ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年7月5日木曜日

ウチのカエルたち(ペット)35



「こんにちわ。リアル・スライムです」


「1年後には、こうなったり、((元)チビ近影↑)、


こうなる予定です。(今、また同居中のみどり↑)」。


「”勇者敵に背を向けてはいけない(逃げはOK)”が、仲間との暗黙の了解なので、某ゲームでは常に正面向きですが、横向きでは、こんな姿です」。


と言うわけで、(あまり面白くなかった)、正体は、アマガエルおたまじゃくしです。

目はいけど、体はという、ちょっと珍しいものです。

どんな成体になるのか、興味深々です。

(この状態で引き取ったのですが、本当は、おたまを育てたことがないので、不安一杯です)。

(ザリガニと同じ要領で、水を作ったけれど、ちゃんとエサを食べているのか。あまり動かないし、よくわかりません><;)


そのザリガニですが、


青い子は青く、


赤い子は赤く、びっくりするぐらい、すぐに大きくなりました。

しかも、熱帯魚にやっている「メダカのえさ」(人工餌)を初めてやったら、食いつきが半端じゃないです。

人工餌って、病み付きになる美味さなんでしょうか。

魚(熱帯魚)も大興奮で、争って食べますし、色揚げと成長の効果がすごいです。(ちょっと、こわい)


一応、おたまにも、やってはいるんですが、”あ、今、食べた”みたいなところが、はっきりしません。

うーん。水中を、ピコピコしているミジンコみたいなのとか、水面を動くちっこい虫とか、藻とか、「メダカのえさ」が沈んだのとかを、食べてくれていたらいいのですが。

ただでさえ、”普通じゃない、白いおたま”なので、カエルになる前にしっかり太らせないと、(少なくとも今の状態をキープしなければ)、大きなコになれないと思い、なかなかプレッシャーです。


まして、この暑さ。

熱帯魚もそうですが、25℃を越える水温は、(本来)NGです。
(水温が上がると、水に含まれる酸素の濃度が下がるので、魚が息苦しくなります)。

自然界では、どんなに気温が暑くても、冷たい水のある場所に、自分で移動が出来ますが、飼育下ではそうはいかないので、水温を下げるには、クーラーで室温を下げ、扇風機で風を水面に当て、気化熱を取るぐらいしかありません。(凍らした保冷剤等を側面に貼る、とかもあるけど)。

ザリガニは、蒸れないように、フタを6分の1ぐらいカットしました。(あ、今、両方とも、丸いプラケースに、別に入れています)。(そのほうが見やすいので)。

昨夜は、ヒキさんまでが、土床が蒸し暑かったのか、床に下りていました。

「暑いのかな?」と思って、水入れに浸して体を洗ってあげると、ちょっとすっきりしたのか、また土床へ戻っていきました。(アマさん他みたいに、自分から、水に入る習性はないのかしら)。

(甘やかして、毎朝、水入れに浸けて全身を洗ってあげる私)。(スキンシップです)。(持ち上げると、手足を突っぱねるけど、そんなに暴れないところが、可愛いです)。

(本人(蛙)も、気持ちがいいのかもしれません)。(自分で背中に手は届かないもんね(笑))。



ところで!


一見、普通ですが、

とんでもなく変わった、特別なアマガエル(↑)

を、入手しちゃいました……。

続く!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  すぐには続かず、続く。