ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年7月17日火曜日

ウチのカエルたち(ペット)37

これまで、アマガエル、リュウキュウカジカガエル、ヒキガエルと飼っているカエルを紹介してきましたが、先月は「もっとカエルを飼いたい」熱に侵され、さらに2種の新たなカエルをお迎えしました。

(というか、ヒキさんも、先月合流なので、3種です)。


まずは、こちら。ヤエヤマアオガエル(CB)です。

写真は、画像検索で見ていたので、ある程度、ルックスはわかっていたのですが、実際に届いてみると、エメラルドグリーンが爽やかで、いかにもトロピカルな南国のカエルでした。

想像以上に美しくて、びっくりしました。

これで、国内の(日本の)アオガエルとは……。(原産地・石垣島等)


体は、石垣の海のようなエメラルド。まぶたは、黄色です。

すっごく、オシャレです。


腹側は、すべて鮮やかなレモンイエローです。

め~っちゃ、キレイです!


ヤエヤマは、CB(天然ではなく、繁殖させたもの)のほうが、ブルーが強く出るそうで、本当にアオガエルと言えそうです。

(お陰で、オークションで、アマさんの青色ガエルが出品されていたのを、すっぱり諦められました)。


3匹、購入したのですが、縄張り意識が強いと感じたので、大きさ別に、大体同じ地域??の、リュウキュウカジカと同居させました。

リュウキュウは、相変わらず、他種に関心がないようで、問題はなさそうです。

中サイズは、オスとコドモのケースに、大サイズは、マダムのケースに入れました。

一番小さなコは、ちょっと心配だったので、よく見えるよう、別の小さなケースに入れました。

しかし、隠れてばかりで、餌をやっても、食べているのかよくわかりませんでした、

が、


昨夜、やっと、食餌を目撃できました。(ハァ~。1週間かかりました)。

ひと安心です。

このコも、リュウキュウカジカの、もう一匹のメス(オレンジ・↓)と、大きさ的に、つりあう感じなので、一緒にするつもりです。


とにかくもう、リュウキュウカジカのメスときたら、一人でひとケースを使っているのに、昼は寝たきりで、植物の小鉢の土と同化しちゃって、全然、出てこないのです。

(”メスは捕まえづらい”と言われる理由がわかりました)。(繁殖期以外は、出歩かないのですね)。

なので、視覚的にも、ヤエヤマがいたほうがいいです。

(そのままだと何日も姿を見ないので、生きているのかと、つついてみると、こっちの心臓が止まるぐらい、驚いて飛び跳ねるのはやめて欲しいです・汗)。

ともあれ、マダムともども、それなりに太っていたので、安心しました。

(餌はやっているので、見ていないところで食べているんでしょう)。

=====

続いては、「カジカガエル」です。

本州の、いわゆる普通のカジカガエルです。


譲り主さんから聞いたとおり、1センチ程度、水を張ってそこに流木や石などの陸を作って飼育しています。

水が深いと(2,3センチ)、泳ぐので、見ていて楽しいです。


珍しく、ラブリー・スマイル。

(でも、背中に餌が乗っています(笑))。

鳴き声は……風流というより、声でかっ! というのが、私の印象です。

体が大きい(6センチぐらいある)から、声も大きくなるのですね(↓)。



(ウチは、アマさんといい、こんなに大きな、鳴くカエルはいないので)。

ううむ。でも、リュウキュウカジカの鳴き声のほうが、愛らしく、好き(好み)かもしれません……。

小鳥のような、澄んだ繊細な鳴き声です。

オス2匹が鳴き合戦をしており、今のところ、リュウキュウの方が、よく鳴いています。

(カジカほど大きくならないし、リュウキュウはめっちゃオススメです)。跳ぶ飛ぶけど)。(ニンジャカジカと命名したいです)。

=====

【動画



ミニミニ・アマガエルの食餌です。

すごく素早くて上手いです。米粒ぐらいの餌を、次々食べていきます。

家に来た当初より、ちょっと大きくなって、アマガエルらしくなりました。(これでも)

(でも、カエルというより虫サイズなので、他の、どのカエルとも、絶対に一緒には出来ません)。

(入れたら、みどりでも、一口で食べちゃうと思います・汗)

小さいので、特別待遇で、朝晩、餌をやっています。

=====


カブトムシのさなぎが1匹、孵りました。(後からさなぎになったほうが、先に孵りました)。

メスでした。

(やっぱり、さなぎの最初から角がないと、メスなのね)。(ということは、メスが2匹かぁ)。

手に乗せると、針金のように細い爪でぎゅっとされるので、む~っちゃ痛いです……(涙)。

(しかも、ひたすら土にもぐりたがって、出てこないです)。

(このコは、幼虫の頃からそうだったけど……なんで?)。

ううむ。2世へ繋げるために、どこかで、オスを入手しなければなりません。

夜店で買う? 里山で探す?(わくわくしますね)。

=====

ヒキさんは、暑いと(?)、夜中に自分で水に入るようになりました。

(口の左に何か垂れているように見えますが、ケースの汚れがぼやけて写ったものです)。


毎朝、水につけ、全身を撫でて洗って、スキンシップさせてもらっています。

(もう、習慣です。暴れたりしない、いいコちゃんです)。

大きいせいか、他のカエルに比べて、言葉が通じる気がします(笑)。

(洗いながら、「もうチョット待って」とか、「ハイ、終わり。もう、出ていいです」とか)。


涼しくなったら、一緒に出かけるのが夢です(公園とか、海とか!)。

大きな海や波を見たら、どんな反応をするんでしょう!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  シャベルと小網持参で、餌を現地で調達してあげたいです。ケースから出した瞬間、犬・ネコ・鳥に奪われないよう、うさんぽみたいに、100均のラックで作る即席ケージの持参も必要かな。(なんて、考えると楽しいです^0^)。