ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2010年11月12日金曜日

可愛いノート(B6サイズ)を自作する

パントンのB5サイズの黄緑色の紙を使って、B6サイズのノートを自作してみました。


まずは、以前に作った(アップはしていませんが)洋書の素材集を使ったバラと鳥のコラージュ画像を、A4サイズの印刷できる厚紙に、だいたいB5サイズになるように印刷します。

(なぜ、A4サイズの用紙にB5サイズで印刷なのかというと、最初からB5サイズだと、印刷領域の問題で、ふちまでの印刷が出来ないので、中途半端に切れた変な絵になってしまうからです。なので、仕上がりを考え、あらかじめA4サイズにB5よりやや大きいサイズで印刷します)。

さらに、裏を、Wordの「塗りつぶし効果」で、ピンクの格子模様にして印刷。両面印刷とします。


印刷できたら、絵に合わせてB5サイズにカットし(ふちまで、めいっぱい絵です)、さらに半分に折ってB6サイズにします。これが表紙になります。


次に、中に使うパントンの黄緑色の紙も、10ページ分5枚を半分に折り、さらに表紙との間に入れる遊び紙として、グラシン紙をカットして加えます。

(本当は、普通の無地に白のグラシン紙がよかったけれど、持っていないので(笑)、レースペーパーのセットを作るときに使っている、フランス語の入った黄緑色のものにしました。が、思ったよりいい感じです)


表紙、遊び紙、ノートと重ねると、こんな感じです。出来上がりのイメージを、つかみます。


(安易に中綴じが出来る回転式ホッチキスを持っていないので、今回は縛って綴じることにして、)スクラップブッキングで使うパンチで、小さな綴じ穴を、上下二箇所に開けます。

(計らずに奥まで挿してパンチしたので、パンチ金具の跡が紙に付きましたが、試作品なので、気にしません)


こちらの、アクセサリー作りに使う、皮のコード(ひも)で、綴じることにします。


綴じ穴で、皮のコードを、紙が浮かないようにぎゅっと締め付けながら、8の字にくぐらせます。ノートを書くときに邪魔にならないように、上でしっかり結びます。


中を開くと、こんな感じです。

皮の素材に、強度と伸縮性があるため、適度な締め付けと補強で、紙が落ち着いてまとまり、いい感じのノートになりました。

(つづく)

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村