ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2013年8月17日土曜日

「八重の桜」は見ていませんが

江戸~幕末~明治の会津藩(保科~松平家)の、歴史「オタク」ですッ!話し出す(語り出す)と、止まりませんッ!。文化センターでの本格的な"連続の講義"が、行える、自信がありますッ!(笑)。名古屋からでは、遠いけれど、こちら(中仙道・木曽福島)からは、高遠が、近いので、すごく、ウズウズしています!
[家人が着ているのは、以前に、会津若松で、買った"會"Tシャツですっ!] 会津藩祖・保科正之は、当初、高遠藩主でした。会津藩主だった加藤氏が、"自分は、勇猛だった父親に比べて、大藩大名の器ではない"と、幕府・将軍家光に、お役辞退を願い出たため、副将軍的に信頼されていた、二代秀忠の唯一の隠し子である事が、公然の秘密だった・信頼も篤く、開明的で優秀な、弟の正之に、東北の監視役として、(何と言っても、伊達政宗が、まだ、生きており、全然、油断がならなかったのです)、高遠3万石から、会津28万石へ、目がくらむような、大出世となりました。そして、正之は、誠に大権現・家康の孫であり、今後も長く幕府を支える親藩である、と、天下に証明・流布されたのでした。ブラボー!(…つか、長ッ!(笑))。という訳で、正之の家臣には、養子先の保科家の者(正之に、遠慮して、西郷と改名←これが逃げた西郷頼母(家))。高遠以来の家臣、会津で新たに抱えた加藤氏の家臣など、いろいろでしたが、19号線を、走っていたり、地図を眺めて、気がついたのですが、やたらと目につく「萱野」に「権兵衛」の文字………!
これはァァァ~~~……ッ!あの、戊辰戦争の責任を取って、潔く切腹した萱野権兵衛・家老は、「高遠以来の家臣」かと~~~ッ!それは、「格が高い」わけですッ! 気がついてからは、やたらと目につく「権兵衛」の文字、トンネルやラーメン屋にまで、"萌えに、萌え"る、会津ファンなのでした。