ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2011年4月27日水曜日

CampusノートとPiTハイ・パワー(スティックのり)

またぞろ、キャンパス・ノートを集めだしました。


スリムB5のB罫グレー表紙と、A5のC罫を、新たにゲットしました。結構、C罫も好きです。


それから、ミシン目が入って、切り取れるタイプのメモ・ノートです。


タイトルを書く部分があり、レイアウトといい、大きさといい、可愛いです。


A5のB罫も、また買いました。


これは、50枚です。まだ、あるんですね。

30枚以外は珍しい気がして、ゲットです。


さて、スティックのりは、ずっと「シワなしPiT」を愛用しているのですが、新商品を見つけました。


「PiT HI-POWER」強力スティックのりと、あります。確かに、「シワなしPiT」でたっぷり塗ったつもりでも、素材によっては、コーナーなど浮いてはがれてくるときもあり……。

これは、「強い粘着・速い接着!!」とあるので、買ってみました。

使用してみた結果……。



絶対に破れてはいけないレースペーパーがそこにはある

あったのに、のりを塗ろうとしたら、スティック側に引っ付いて、破れました

……。

ついでに、レースペーパーの染め色が、スティックに移りました

……。

のり全体(のりそのもの)が、「シワなし」に比べて、すこぶる固く、丈夫な素材に、ごしごし塗るにはいいのかもしれませんが(ダンボールもOK、みたいなこと書いてあったし)、私が「シワなし」でときどきするように、普通の滑らせる塗り方のほかにも、スタンプみたいにぴたぴた押すように塗ることは出来ない、と思い知りました。

(スティックのりの宿命である、塗ると”かたまり”のようなデコボコも出ますし。←通常、あまり目立つ塊は、取り除いてから貼りつけています)。

ダンボールみたいな素材を、スティックのりで接着することって……? スクラップ・ブッキングとかでしょうか……? (私は、そういう場合は、両面テープか、ボンドを使うのですが)。オフィスでクラフト紙素材での梱包などの接着の場合は、のりでは不確実なので、テープを使うと思うんですが、うーん……。

なんだか、中 途 半 端。


やっぱり、スティックのりは、粘着が多少弱くても、角がはがれやすくても、今までどおり、柔軟性のある「シワなしPiT」を使おうと思いました。


かなり、ドットライナー(テープのり)に負っている部分もありますが(笑)。

今のところは、使い分けています。

(テープのりの”難点”は、のり切れしきれなかった”のり残り”を取り除くことが出来ず、残ってしまうと、いつまでもぺたぺたつくところです。その点、スティックのりは、乾いたらベタつかないので、意外と繊細なレースペーパーを貼るのに向いています。

5月のタブ・カレンダーの円形レースも、「シワなしPiT」で貼っています)。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村