ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年8月21日火曜日

高原の美味しいもの


コテージの近所に、そのお店があるのですが、まずは木曽福島イオンで売っていたのを、買ってみました。

飲むヨーグルトです。


まろやかで、酸っぱくなく、自然な美味しさが気に入り、帰りにも、また買って帰りました。

(たい焼きと違って、長期保存が出来ないのが残念です)。


さて、川遊びの後、友達と、「ちゃんとした信州蕎麦を食べよう」と、訪れた木曽の蕎麦屋。


暖簾をくぐってからのアプローチも緑の回廊になっており、凝っています。

期待が膨らみます。

気心の知れた年来の友との旅で、気分はすっかり「いい旅、夢気分」です(笑)。

(ナレーション、プリーズ♪)。(「オヤオヤ」で)。(「オラオラ」は勘弁←JOJOネタです)


じゃーん。

こちらで、私が頼んだのは、盛り蕎麦(ざる蕎麦)。


友達は、青い辛味大根のおろし蕎麦(ぶっかけ蕎麦)です。

こちらの蕎麦は、極めて荒く挽かれた蕎麦粉に、蕎麦の葉脈を0.12%だけ使って1時間掛けて練り上げた、とあり、強い腰と喉越しのよさが特徴です。

味といい香りといい、本当に美味しくて、食べ応えがあり、かなりの量がありましたが、川遊びの空腹も手伝って、あっという間に平らげてしまいました。

店内の雰囲気もよく、インテリアもオシャレで、大人向きです。

夜に来るのも、よさそうです。


その後、「これ、食べたことないけど、なんだろう?」と相談し、蕎麦掻(そばがき・そば粉を水で固めて練り上げたもの)を、頼みました。

そのままか、添えられた細かい粉のような塩で、食べるようでした。


感想は、「……」。

素朴すぎると物足りなく感じる、我侭な都会人。

食後のデザートのように思っていたので、

「(”何か”、ほしいよね)」

「(きな粉とか、黒蜜とか)」

「(餡とか、タレとかあるといいよね)」(ヒソヒソ)。

いっそ、蕎麦アイスとかじゃダメなのかな。


食べ比べで、焼き蕎麦掻も注文。


こちらは、しょうゆをつけて、海苔で巻いて食べる、磯辺焼きのようなスタイルでした。

こちらのほうが、よかったです。

(が、やっぱり、食後は何か、甘いものが、ちょっと欲しかったな)。


来店時間が遅かったので、お店は貸しきり状態でしたが、お会計時、女将さんに

「どこから来たの?」と尋ねられたので、「……(開田高原?)、名古屋です」と答えたところ、

「まあ。私も住んでいたので、名古屋の暑さは良~く知っていますよ」

「こちらは涼しいでしょう」

「引越ししたいです」←私(切実・(笑))

「この先(帰り道)、長いでしょうから」

と、売り物のはずの、ペットのお水をくださいました。

(スミマセン。今日は、まだ帰りません)


正直、お蕎麦で満腹、でも、別腹のデザートが欲しい私たちは、高原の有名アイス店へ。


じゃーん。

イオンで買った、飲むヨーグルトを作っているお店です。

いろんな乳製品を作っていますが、店名どおり、アイス、特に、ここでしか食べられない、毎月変わる”季節のソフトクリーム”が大人気です。


まだお盆前で、この日は平日なのに、アイスを求める人が絶えません。


友達は、ブルーベリー。私は、バニラとうもろこしのミックスにしました。

……ぺろり。


なにこれ、激ウマ!!!(狂乱)


とうもろこし、超ウマですッ!!!!!


それから、毎日、通いだしました!

翌日は、とうもろこし、オンリーで。

本当に旨い!

本当に、とうもろこしがデザートになっていて、スゴイです!


3回目、また、とうもろこし。


そして、4回目(これで最後)は、またミックスにしました。

これは、納得。行列が出来るわけです。

美味しくて、全然、飽きません。

来年も、また絶対に来たい、アイスクリーム店です。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ