ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年8月23日木曜日

高原で初めてのブルーベリー狩り

立秋を過ぎると、高原は、急に秋めいてきました。


ススキが伸びだしました。

田んぼの水も、抜かれはじめました。


さて、この日は人生で初めて、ブルーベリー狩りに行ってきました。


入場料を払って、かごを受け取り、


初心者なので、美味しいブルーベリーについてのレクチャーを受けます。

巨峰のように色づいたものが、甘く、たとえ多少酸っぱいものを取ってしまっても、5,6粒を一緒に食べると美味しく食べられるそうです。

目印の旗の立った「列」の、ブルーベリーを狩ってよいそうです。


勿論、食べるのは自由。(食べ放題)。

持ち帰り分は、渡されたカゴに入れたものを計量して、お金を支払い、パックに詰めてもらいます。

(ああ~、初心者ならではの重大な失敗をここで、してしまいました。

出来るものなら、時間を巻き戻したい……!)。


それはさておき、けっこう、広大です。

道の両側に、ブルーベリーが列になって植えられています。


初めて目の当たりにする、たわわに実った、ブルベリーの数々。


本当に、ブドウのように一杯実がついていて、大興奮です。

以前、TVで見ましたが、上のほうが、日が良く当たって粒が大きく美味しいとのこと。


”これを昼食代わりに”、とお腹をすかせてきたので、あらかじめカゴを房の下にして受けながら、ブルーベリーを落とすようにして、集めては、もりもり食べていました。


だんだん、慣れてくると、大きくて甘い粒ばかりを集められるように。


じゃーん。

見てください、この大きさ。

本当に、まるでブドウのような大きさで、自然な甘さです。

品種によって、微妙に味が違うので、お気に入りの樹や品種を見つけては、集中して採ったり、移動したりしていました。


この「ブルーヘブン」という品種が、甘さの中に丁度いい酸っぱさもあって、好みでした。


「パトリオット」。

えーと、迎撃でもするのでしょうか?(謎)


「35.ダロウ」。

フッ。甘いですな。果実なだけに。


さて、失敗の話です。

入場料を払っているので、持ち帰り用のブルーベリーはその分、とても安く設定されていました。

スーパーで売っている、チリ産・アメリカ産のブルーベリーは、味がしなくて美味しくないことも知っていました。

こちらでは、生暖かい状態で、摘んで食べたので、「まあ、持ち帰ったところで、2パックもあれば十分だろう」と思って、係員にも、”え? これっぽっちでいいの?”みたいな表情をされたのですが……。

本当に、甘かったです! 自分自身の見通しが!

家に持ち帰って、冷蔵庫に入れ、冷やしたことで甘みが増した、手摘みの高原ブルーベリーの美味しいこと!!!

朝食で、ひとパックを全部一人で食べてしまいました。うう~~~~っ(悶絶)。

こんなに美味しいブルーベリー、近所(名古屋)じゃ、売っていないです!(断言)

仮にあったとしても、ほんのちょっとで、目の玉の飛び出るほどの価格でしょう。

ああ、勿体無いことをした~~~~~!(頭を抱える)。

本当~~~~~に、悔しいです。

なぜ、もっと採ってこなかったんじゃ~~~!!!

来年こそはッ!

「こんなに持って帰るんですか?」と係員に呆れられるほど、たっくさんずっしりかき集め、名古屋に持って帰りたいです。

冷凍で長期保存のできる果実だったのに……。

バカ! 私のバカ~~~ッ!!!

=====

という訳で、今日の花。


コスモス。

夏の花・マリーゴールドのオレンジと一緒に、元気に道を彩っていました。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  花言葉「後悔先立たず」、←嘘です、本気にしないでください。