ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2012年8月24日金曜日

高原の花と昆虫とカエルたち

画像によっては、うんと小さくしますが、苦手な方は見ないでくださいね。



さあ、これからが注意必要です!

カエルも虫も、ばしばし出ます!


ここまでで十分、という方へ。


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  都会では見られない変わった花が一杯でした。

=====

さあ、猛者の皆様、心の準備は、よござんすか?


(って、そんなグロテスクな写真はないつもりですが、感じ方は人それぞれですもんね)。




ニガテな人は、ぜ~~~~ったいに見ないでくださいね!

(あくまで自己責任で)




じゃん!

まずは、コテージに着いて、空の水入れに入れられただけで、何をされるのかと、踏ん張るヒキさん。

(水入れに水を入れるだけだってば)。


見上げる目線が可愛いけれど、飼い主を見ているのではなく、エサに入れた蝶がケースの天井に張り付いているのを、食べられず、悩ましく見上げているだけです(笑)。



ロンドン五輪・U-23のキャプテン・麻也の決意表明を真剣な目で見つめる、ラルドほかアマさんたち(笑)。


運搬の都合で、リュウキュウカジカもひとつのケースにしたところ、バカンスならではのアバンチュールが発生。


どや顔、ヒキさん。


普段と違う、いろんな昆虫を与えられて、コテージ生活を満喫しているようです。


緑金や渋い金の甲虫はキレイだけど、これもすべてヒキさんがぺろり。


赤い実。(「マスター・キートン」を思い出して、ちょっと怖い)。


初日に捕まえた手足の出たモリアオのおたまは、その分、成長も早く、ほかのコがまだアリなどを食べている現在、(名前・アオガエル)と一緒にイエコを食べて、ますます大きく成長中。


ほとんどのバッタがイナゴ?の中、大きな鳴く虫を捕まえて、大喜びです。

本当はヒキさんが食べられない大きさは、逃がすのだけれど、もうちょっと眺めていたくて、プラケにイン。


いろんなエサを与えられては、消化し、どや顔連発のヒキさん。



同化しきっているところがキレイです。(【注意】猛者中の猛者向け。昆虫にあらず)


アカトンボを掴んだから、黄トンボ(?)は、まあいいや。

(どうせ、トンボは、ヒキさんのエサにはならないし)。


カナブン系、裏表ともメタリックな甲殻が、キレイで大好き。


じゃーん!

とある朝、な、なんと、信じられないほどの大物が、コテージの前の草むらで跳ねたので、ゲット!

寝床に帰る途中だったのでしょう。

そばに飛び込める水路がなかったので、逃げようがありませんでした。

アカガエルのメスの成熟した成体です。

むっちゃ、でかいです! (8cmぐらいあります)。

ずっしり重いです!

”アカガエルなんて地味でイヤ……”と侮っていましたが、本物は、めっちゃカッコイイです!

今回、避暑地で、ゲットしたのは、おたまや爪先ほどのベビーガエル、トノサマ(コドモ)がやっとだったので、文句なしに一番の大物カエルです! 

超・嬉しい!!!!!

ずっとどこかで鳴いている、大人のアマさんがゲットできなかった、溜飲が吹き飛びました。(←日本語がヘンになるぐらい(笑))

色と時期からして、「銅メダル」を得たような気分です(笑)。


黒い小さなテントウムシが、よく付いていた黄色い花。


ヘビイチゴ。


星たくさんのテントウムシ。


かくれんぼしている虫がいます。

探してみましょう。(中央あたり)。


伸び行く葉が、バラが咲くように見えます。


蛾だけど、エメラルドグリーンが美しくて、ぱちり。


私が、水辺で、おたまを獲るのに夢中になるのと同じで、産卵に夢中だったヤンマ。


3Dな”目”が、とてもステキ。

虹色眼鏡を、久々にじっくり観察です。

記念撮影の後は、また、それぞれの仕事に戻りました。


渋いゴールドがイケテル甲虫。


ゲットしたアカガエルを、大きさ的に、ヒキさんのケースに入れても問題ない、と考え、入れたところ、狂ったように暴れたので、別にしました。

やっぱり、カエルは、本能的に自分より大きい(大きくなる=捕食される)カエルが怖いようです。

さんも、トノサマをすごく嫌がりました)。

別にしたら、落ち着きました。


朝、コテージの壁に張り付いていた、真っ白な蛾。 

蛾なのに、すっごく美しい!

(パーツのバランスは、黄金率?)

縦長のフォルムは、蛾ならではの、美しさ、特権とでも言うべきか……。


蛾なのに、掴んでみました。

背中に、こそっと隠していた赤と黒の模様も抜かりなく、これはまたすごいオシャレ上級者!

胸のもふもふしたのも、襟巻きのようにハイセンスでたまりません。


正面。

足も、ところどころアクセント的に、赤が入っているところが、すごい。

一見真っ白、しかしながら、隠された部分の黒・赤のバランスと、チラ見せテクが秀逸です。

蛾ですが、今回、出会った全ての虫の中で、「オシャレ大賞」、決定です! 

おめでとう。

(何も出ません)。(エサにもしないけど)。


まだ続きます。

蓮華に夢中になるタテハチョウ。

コンデジのマクロでここまで接近されるとは。油断しすぎです。

花ごとの写真を撮ったあとで、


捕まえて、記念撮影。

そのあと、ヒ(略)。

=====

さて、ゲットした大きなアカガエルのメスですが、

別にしたところで、他に入れ物がなく、狭いところの、


さらに狭い水入れにすっぽりおさまっていました。

まるで、フロに浸かっているようです。

テルマエ・カエルエ。


暴れていたときに、カエル落ち着かせ用に使っている、洗濯ネットに入れて風呂場に隔離していたときの、ハートの注意札を、なんとなくそのまま付けてみました。


”お湯加減はどうですか~?”(って、水だけど)


コテージの窓側にあつらえられたカエル・コーナー。

名古屋から連れてきたカエルたちも、高原気分を満喫です。


アカガエルさん、すっぽり収まる姿が、絵になりすぎです。

ハァ~・ビバ・ドンドン♪

=====

以上です。

【おまけ】


中津川あたりの道路工事で、車線を制限する柵が、あひるでした。

こんなの名古屋で見たことないです(笑)。

これは、待たされるほうも、作業する側も、つい笑っちゃって、なごみますね。

いいアイディアです。

日本人って、本当に官民こぞって、キャラ好きですものね。

グッジョブ!(笑)

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ  高原シリーズ、完! お疲れ様でした。