ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2013年9月20日金曜日

「アートアクアリウム展」

以前、東京で行われていたものを、他ブログさまで、拝見して、うらやましかった、「アートアクアリウム展」が、今年は、名古屋で開催されていたので、行って来ました。


平日なのに、流石は、「大都市・名古屋」です(笑)。

(私も含め)暇な人が大勢で、予想以上に、混んでいました。

(主催が、地元大手メディアなので、きっとCMも、多いんでしょう)。

ともあれ、美しい、金魚と光の芸術を、どうぞ、写真で、ご堪能ください。


入ってすぐに、可愛くて、かつ、モダンな、金魚の「和」のシンボル(紋)が、ありました。


幻想的な灯篭。


金魚の万華鏡です。

ちゃんと、金魚が写っています!

というのも、


こちらの、三角形を覗いて見るのですが、なかなか、金魚が、万華鏡のフレームに、入ってくれないのです。

フレームに、入ってくれたところを、パチリ。

例え、金魚が入らなくても、光の色が、どんどん変化するので、それだけでも、美しくて、うっとりさせられます。


シンボル的存在の、大きな金魚鉢の噴水です。


当てられる光の色によって、印象が変わって、とても、素敵です。


大きな金魚鉢と、金魚の迫力が、素晴らしく、見事です。

と、言いつつ、自分も、細々と長く、熱帯魚を飼っているので、つい、どうやって、フンを見せない構造になっているんだろう、とか、金魚は、もともと、あまり散らばらない魚なのに、どうやって、散らばらせているんだろう、とか、野暮な、ムツカシイことを、考えてしまっていました。

こういう、イベントは、無心に、楽しまなくては……(笑)。

(でも、大抵、皆さん、金魚ぐらいは飼ったことがあるでしょうから、考えているでしょう、きっと)。


続きます。