ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2013年10月10日木曜日

A5!A5!A5のノート!と、バインダーについて

最近、A5サイズの、廉価版ノートでも、可愛い柄の表紙のものが、増えた気がしています。

中身は、”真面目”じゃないと、勉強しづらいかもしれないので、普通のA罫かB罫で、いいのですが。


この、まるで、リバティを思わせるような、可愛いA5のノートは、kyokuto製です。


5種セットです。

捨て柄(笑)が、ない、ところが、ニクイです。

そして、kokuyo以外でも、こういった可愛い表紙の”お勉強”ノートを、出してくれたことが、嬉しいです。

使う宛てが浮かばなくても、他メーカーさん、および、kokuyoが、こういうった可愛い表紙のいつものノートを出してmくれたら、とりあえず、記念買いで、ゲットします。

そして、ゲットしてから、つくづく眺めて、使い道を考えたり、使わずに、コレクションにしたり、すると思います(笑)。

その、ノートの王道の、kokuyoのキャンパスシリーズでも、この春夏は、可愛い表紙のものが出て、嬉しかったです。


「水滴」の3色(3冊)セットです。


「レース柄」の3色(3冊)セットです。

こちらは、長野の国道沿いの書店文具店で買いましたが、値引きで、税込み300円でした。ブラボー。


そして、忘れもしない、昨年、LOFTでゲットした、「これ、本当に、kokuyoのノート?」と、衝撃を受けた5冊セットです。

キャンパスの文字はありませんが、”お勉強”用の真面目なノートです。

勿体無くて、使えません(汗)。


そういえば、家の中で、昨年から、ずっと行方不明だった、”自作”のA5のバインダー・ノートが出てきました!

今、キャンパスでも、他のメーカーでも、薄っぺらい、差し替えられる、バインダーノートをいろいろと出してきていますが、我ながら、「これ(↑)、最強!!!」です。

☆理由

 1.2穴がいい。他

……A4のプリントも、どこにでも置いてある、2穴パンチで、簡単に穴を開けて、中表、あるいは、Z折で、スグ、綴じることが出来ます。

ルーズリーフ・バインダーでは、ルーズリーフしか、綴じられないので、それ以外の用紙は、専用のパンチが必要ですし、パンチは、ずらしながらで、穴を開けるのに、力も要るし、と~~~っても、面倒臭いです。

(ルーズリーフに収まるように、綴じたいものを、カットして、貼るのも、また、面倒くさいうえに、嵩張ります)。

あと、自分も、ファイルの小口を、マステで封していますが、小口が開かないように、もう一工夫が欲しいです。(ダサくない、閉じゴム?があるといいんですが、ファイル本体だけでも、「これで、この値段? 高~~~ッ!」と、私は、思うので、閉じゴムで、また、さらに、高くなる可能性が、大きく……)。

そして、肝心なこと、ほぼ、ジャストサイズのルーズリーフ・バインダーでは、タブをセットすると、その部分が、飛び出してしまうのです。

自分は、あらかじめ、タブの分、横長に、元のファイルを、カットして作っています。


 2.デザインがイマイチ

……素材のPPが、100円ショップと同じモノだったりとかで、全くがっかりなんですが、マステなどを貼っての、自分風のアレンジがしづらいです。(そういう仕様になっていないので、無理にやっても、ダサくなって、泣きたくなるだけです)。

今時、マステやステッカーでお洒落にアレンジできない、文具なんて、廃れますよッ!←そこまで言う

(トラベラーズ・ファクトリーが、なぜ受けるのか、他メーカーさんは、考えて、商品化をして欲しいです)。

せめて、スケジュール手帳に、よくあるような、自分の好きな写真などで、ぐるっと本体を回せるような、ファイルも兼ねられる、ビニール・ポケット(ポーチではない)が、内側からか、外側上部からか、で、ついていると、アレンジが出来ていいです。

(でも、フォブ・コープは、大きすぎて、重すぎて、嵩張ります orz)。

文具であれ、マス・プロダクト=無個性の時代は、とっくに、終わったと思います。

(コストがかかるのか、センスが略なのか)。

(うーむ、わかりました。本体のみではアレなんで、特製お仕着せ着せ替えカバーをいろいろ出して、それをまた高値で売る、セット販売の算段なんですね)。

(そんで、当初の目的のはずの、薄く軽いのが、結局、分厚く、重くなる、アンビバレンツ、に陥るため、混乱し、買わないです(笑))。

(そういえば、A5変形型(四角っぽい)の、やたらと分厚くて、高くて、ぐにゃりと重い、ルーズリーフ・バインダー、こんなの、誰が使うんだろう?と、思ったら、あっという間に消えましたね、やっぱり……)。

長くなったので、一旦切って、まだ、バインダーについて、語ります。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村