ごあいさつ

東海道と申します。お店ではありません。A5・2穴のバインダーノートに、スケジュールから日記、写真、スクラップ、コラージュまで、何でも書いたり貼ったりするのが好きです。安くて可愛い文具の紹介もしています。ときどき、紙小物を自作したり、リメイクも楽しんでいます。マステやシールが大好きです。郵便モノ、風景印や記念切手、フォルムカード等も集めています。ガチャガチャ(カプセルトイ)大好き。ペットは日本のカエル10種前後ジョジョスマホを使用(ジョジョラー。7部「SBR」が特に好き)。江戸~幕末歴史オタク(会津藩)。ついでに、初年度からのグランパス・サポーターです。

2013年7月14日日曜日

お気に入りの喫茶店で

チェーンの喫茶店です。

(名古屋のチェーンの喫茶店は、「コメダ」だけではないのです。えっへん)。

(てゆうか、「コメダ」、メニューが、少ないし、煙いんだもん)。


名古屋の場合、コーヒーなどの飲み物のほかに、モーニング・サービスは、勿論、サンドイッチや軽食、申し訳程度のケーキ、そして、新聞・雑誌に、「駐車場」が必須で、この”ひと通り”が、なければ、話になりません。

飲み物(ほか)を頂きながら、のんびりと、おしゃべり(静かに過ごしたい人もいるので、小声で)や、多種多様な新聞・雑誌を、読みまくり、ふと、窓の外の豊かな緑と、溢れる光に目をやりながら、街中にいながらにして、まるで、どこか、高原にいるかのような安らぎを覚えつつ、なごみ過ごすのが、名古屋人に欠くことのできない「楽しみ」なのです。

喉の渇きや、空腹を満たすのは、二の次で、まずは、「くつろぐために、ある」のが、名古屋の喫茶店の特徴です。

名古屋人は、そういった、お気に入りの喫茶店を、いくつかキープしていて(本当)、それを「自宅の、第2のリビング」のように思い、「くつろぎに行く」風習があるのです。

店員さんは、「ブラックでしたね」など、常連の好みを把握していますが、かといって、世間話をふってくるような、ウザイことは、まず、しません。

客それぞれの「くつろぎ」を、決して邪魔しないのが、ルールというか、”常識”だからです。

それは、さておき、


じゃーん。

私が、こちらのお店で好きなのは、「アイス・カフェ・ショコラ」(450円)です。(←安い。けど、名古屋では、”普通の値段”です)。

アイスコーヒーに、チョコ・アイスとホイップ・クリームに、チョコ・フレーク、そして、チョコ・ソースが、かかっています。

アイスコーヒーと、パフェの間の、飲み物です(笑)。

とっても、美味しいです~♪


そうやって、週末、こちらを食べながら、前日のグランパスの試合結果を、スポーツ紙を読み比べたり、地元情報誌を、買わないで情報をチェックし、「今度、この店へ行こう」と、メモをしたりして、まったりするのが、平凡だけど、最高に、幸せな時間です。


ところで、お店が増床されたときに、入れられたこのイスが、すごく好きで、以前にも書いたかもしれませんが、自分の家にも、欲しいです!


かっこよくて、さわやかなブルーと白のコントラスト。文句なし。

冬だって、白か、ブルーのフリースさえあれば、無問題(モーマンタイ)。

どこで、売っているんでしょう。

「今度こそ、聞こう……」と、思いつつ、早数年、いつまでも、聞く勇気が出ないまま、お店に通い続けるのでした(笑)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生活空間へ